ギリシャ

ギリシャ⇒キクラデス諸島のフェリー予約方法

ギリシャ⇒キクラデス諸島のフェリーは複数の選択肢が存在します。ナクソス島⇒パロス島線、ミコノス島⇒シロス島線、ティノス島、パロス島、ナクソス島、サントリーニ島、アンドロス島、コウフォニシア、フォレガンドロス島、シフノス島、イオス島、カタポラ(アモルゴス島)、ミロス島とセリフォス島、ナクソス島⇒パロス島線、シロス島、サントリーニ島、ミコノス島、ティノス島、スキヌサ島、アナフィ島、カタポラ(アモルゴス島)、エギアリ(アモルゴス島)、ドヌサ島、イオス島、イラクリア島、コウフォニシア、ミロス島、シキノス島、フォレガンドロス島、ティラシア島、シフノス島、ケア島、キトノス島、セリフォス島、キモロス島とアンドロス島、パロス島⇒シロス島線、サントリーニ島、ナクソス島、ミコノス島、ティノス島、スキヌサ島、アナフィ島、カタポラ(アモルゴス島)、エギアリ(アモルゴス島)、ドヌサ島、イオス島、イラクリア島、コウフォニシア、アンドロス島、フォレガンドロス島、ティラシア島、シキノス島、セリフォス島、ミロス島、シフノス島、ケア島、キトノス島とキモロス島、ピレウス⇒シロス島線、ティノス島、ミコノス島、ナクソス島、パロス島、サントリーニ島、ミロス島、スキヌサ島、アナフィ島、カタポラ(アモルゴス島)、エギアリ(アモルゴス島)、ドヌサ島、イオス島、イラクリア島、コウフォニシア、シフノス島、セリフォス島、キトノス島、シキノス島、キモロス島、フォレガンドロス島とティラシア島、イラクリオン⇒サントリーニ島線、ミロス島、ミコノス島、パロス島、ナクソス島、ティノス島、シロス島、アナフィ島とイオス島、ナクソス島⇒パロス島線、シロス島、サントリーニ島、ミコノス島、ティノス島、スキヌサ島、アナフィ島、カタポラ(アモルゴス島)、エギアリ(アモルゴス島)、ドヌサ島、イオス島、イラクリア島、コウフォニシア、ミロス島、シキノス島、フォレガンドロス島、ティラシア島、シフノス島、ケア島、キトノス島、セリフォス島、キモロス島とアンドロス島、パロス島⇒シロス島線、サントリーニ島、ナクソス島、ミコノス島、ティノス島、スキヌサ島、アナフィ島、カタポラ(アモルゴス島)、エギアリ(アモルゴス島)、ドヌサ島、イオス島、イラクリア島、コウフォニシア、アンドロス島、フォレガンドロス島、ティラシア島、シキノス島、セリフォス島、ミロス島、シフノス島、ケア島、キトノス島とキモロス島、シロス島⇒サントリーニ島線、ティノス島、ミコノス島、ナクソス島、パロス島、カタポラ(アモルゴス島)、エギアリ(アモルゴス島)、ドヌサ島、イラクリア島、コウフォニシア、スキヌサ島、アナフィ島、アンドロス島、イオス島、フォレガンドロス島、シキノス島、ケア島、キトノス島、ティラシア島、キモロス島、ミロス島、シフノス島とセリフォス島、ミコノス島⇒シロス島線、ティノス島、パロス島、ナクソス島、サントリーニ島、アンドロス島、コウフォニシア、フォレガンドロス島、シフノス島、イオス島、カタポラ(アモルゴス島)、ミロス島とセリフォス島とピレウス⇒シロス島線、ティノス島、ミコノス島、ナクソス島、パロス島、サントリーニ島、ミロス島、スキヌサ島、アナフィ島、カタポラ(アモルゴス島)、エギアリ(アモルゴス島)、ドヌサ島、イオス島、イラクリア島、コウフォニシア、シフノス島、セリフォス島、キトノス島、シキノス島、キモロス島、フォレガンドロス島とティラシア島へ繋がる合計413本のルートで10社のフェリー会社が運航しています。

ギリシャ⇒キクラデス諸島における最短ルートは、約15分のコウフォニシア⇒スキヌサ島線です。弊社のフェリー検索機能なら、たった一度の検索で多数のルートを類似のルートと比較できるので、あなたがお探しのオプションが素早く簡単に見つかります!

ギリシャからキクラデス諸島への航路図

クリックして地図を見る

ギリシャ⇒キクラデス諸島のフェリー

ギリシャとは:

ギリシャ共和国は世界で11番目に長い海岸線を有する南ヨーロッパの国で、国境をアルバニア、マケドニア、ブルガリア、トルコと接しています。また、ギリシャ領の島々は数多く存在し、エーゲ海、イオニア海、地中海に広がっています。

ギリシャは世界で最も人気のあるリゾート地の一つで、大半の旅行者は4~10月に訪れるものの、美しい海岸、白い壁と青い屋根の可愛らしい家、数々の史跡や恵まれた天候などが一年を通して多くの人々を引きつけています。

ギリシャ本土を海路・空路どちらで訪れても、ほとんどの島々へはフェリーで移動することができます。フェリーは数多く運航されており、多くの船会社が比較的新しく豪華な船舶を所有しています。また、全ての島は直行便・経由便のフェリーでギリシャ本土と結ばれており、島巡りは見逃せない素晴らしい体験です。

ギリシャ本土は島々への玄関口になっており、イタリアともアドリア海を通じて繋がっています。