シキノス島⇒キトノス島線

シキノス島⇒キトノス島線は、現在2社の船会社が運航しているキクラデス諸島とキクラデス諸島を結ぶフェリーです。Zante Ferriesのフェリーは最多で週1便、約5時間50分で運航されています。一方SeaJetsは最多で週1便、最短ルートでは5時間40分でフェリーを運航しています。

シキノス島⇒キトノス島線は、合計で週2便がキクラデス諸島とキクラデス諸島の間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

シキノス島⇒キトノス島のフェリー会社

シキノス島とは

シキノス島(Sikinos)はイオス島とフォレガンドロス島の間に位置する、ギリシャ領キクラデス諸島の島です。ワインの島として知られるシキノス島は、近隣の島々とは異なり観光開発が進んでおらず、静かで落ち着いた伝統的なギリシャの雰囲気が自慢です。この島には港に一つ(アロプロニア)、丘の上に一つ(ホラ)の計二つの村落があります。また、ホラは西のカストロ地区と、東のホリオ地区に分かれています。

エピスコピ修道院はシキノス島の人気の観光名所です。この遺跡はかつてギリシャ神話の神アポロンを祀る古代神殿と考えられていたものの、調査の結果、古代ローマの霊廟であることが判明しました。また、3世紀に造られたこの霊廟は、17世紀に円屋根と鐘楼のある教会に改築されました。

シキノス島の港はピレウス、フォレガンドロス島、イオス島、サントリーニ島、セリフォス島、シフノス島とフェリーで結ばれています。ピレウスへは高速フェリーで約3時間半、従来型フェリーで約7時間半で到着します。

キトノス島とは

キトノス島(Kythnos)はアッティカ地方沖に浮かぶギリシャ領キクラデス諸島の島です。諸島の他の島々に比べ、やや無名な印象ですが、目玉である温泉が多くの人々を引きつけています。ルートラ地区には二つの温泉を持つスパがあります。古代から存在するこれらの温泉には、癒しの効果があると言われています。

キトノス島には北部に位置する二つの港があります。一つはメリハス、もう一つは中心地ホラの北部に位置しています。南部はアイオス・ディミトリオスとパナイヤ・カナラのニ地区のみに居住者が存在します。パナイヤ・カナラには松の森の中に位置する著名な修道院があります。

キトノス島からは船で本土のピレウスやラブリオを訪れることができます。ピレウスへはフェリーでおよそ3時間、高速船で1時間で到着します。ラブリオへ向かう場合の所要時間は2時間ほどです。また、キトノス島はセリフォス島、シフノス島、ミロス島、サントリーニ島、シキノス島、フォレガンドロス島、ケア島ともフェリーで結ばれています。