ティノス島⇒キトノス島線

ティノス島⇒キトノス島線はキクラデス諸島とキクラデス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはHellenic Seawaysのみです。

こちらは週1便まで、約3時間30分の所要時間で運航されています。

ティノス島⇒キトノス島線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

ティノス島⇒キトノス島のフェリー会社

ティノス島とは

ティノス島(Tinos)は、エーゲ海に浮かぶギリシャ領キクラデス諸島の島で、アンドロス島、デロス島、ミコノス島の近隣に位置しています。古代にはオフィウサ島やヒュドロエサ島と呼ばれたこの島には、ギリシャで最も壮麗な教会の一つ「パナギア・エヴァンゲリストリア聖堂」があります。この教会は、19世紀初頭に修道女ぺラギアが聖母マリアのイコンを発見した場所に造られた伝統的な様式の建築物です。2階建てで、内部はたくさんのアーチで飾られ、中庭には小さな建物群があります。また、Kechrovouniにも人気の観光名所である修道院があります。この教会は、三姉妹が聖母マリアから修道院を建てるよう神託を受けた場所に造られました。

ティノス島は本土ピレウスやラフィーナ、アンドロス島、シロス島、ミコノス島や、その他キクラデス諸島の島々を訪れることができます。

キトノス島とは

キトノス島(Kythnos)はアッティカ地方沖に浮かぶギリシャ領キクラデス諸島の島です。諸島の他の島々に比べ、やや無名な印象ですが、目玉である温泉が多くの人々を引きつけています。ルートラ地区には二つの温泉を持つスパがあります。古代から存在するこれらの温泉には、癒しの効果があると言われています。

キトノス島には北部に位置する二つの港があります。一つはメリハス、もう一つは中心地ホラの北部に位置しています。南部はアイオス・ディミトリオスとパナイヤ・カナラのニ地区のみに居住者が存在します。パナイヤ・カナラには松の森の中に位置する著名な修道院があります。

キトノス島からは船で本土のピレウスやラブリオを訪れることができます。ピレウスへはフェリーでおよそ3時間、高速船で1時間で到着します。ラブリオへ向かう場合の所要時間は2時間ほどです。また、キトノス島はセリフォス島、シフノス島、ミロス島、サントリーニ島、シキノス島、フォレガンドロス島、ケア島ともフェリーで結ばれています。