スキヌサ島⇒コウフォニシア線

スキヌサ島⇒コウフォニシア線は、現在2社の船会社が運航しているキクラデス諸島とキクラデス諸島を結ぶフェリーです。Blue Star Ferriesのフェリーは最多で週3便、約30分で運航されています。一方SeaJetsは最多で週1便、最短ルートでは20分でフェリーを運航しています。

スキヌサ島⇒コウフォニシア線は、合計で週4便がキクラデス諸島とキクラデス諸島の間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

スキヌサ島⇒コウフォニシアのフェリー会社

スキヌサ島とは

スキヌサ島(Schoinousa/Schinoussa)はエーゲ海に浮かぶキクラデス諸島の島で、ナクソス島の南、イラクリア島とコウフォニシアの中間に位置しています。メルシニ(Mersini)には、エーゲ海有数の小さな船舶用の港があります。島の中心地チョーラ(Chora;ギリシャ語ではホラ)はブーゲンビリアで飾られた白塗りの可愛らしい家々や、歴史を感じる石畳の路地や教会、エーゲ海の青い海など、美しい景色を楽しめるリゾート地です。この島には長い歴史を象徴する数々の史跡が存在します。人気の観光名所はホラのEisodia Theotokou教会や、メッサリアのエヴァンジェリスモス教会、考古学博物館、民族博物館、港へと続く道路に位置するマニアティス海賊洞窟などです。

スキヌサ島はハイキングに最適のリゾート地で、山道を登るとそこには素晴らしい景色が広がっています。また、この山道は隠れたビーチや峡谷、昔のまま残る古風な村などに続いており、素晴らしい発見があなたを待っています。

コウフォニシアとは

コウフォニシア(Koufonisia)はナクソス島の東、アモルゴス島の西に浮かぶ3つの小島「パノ・コウフォニシ島」、「カト・コウフォニシ島」、「ケロス島」の総称です。そのうち、前者の2つの小島はおよそ200mの海峡を挟んで分かれています。その昔、海賊が島の大きな洞窟を見た際に、島が空洞だと信じたことから、ギリシャ語で「空洞の島」を意味するコウフォニシアと名付けられました。この2つの島は、遺跡発掘現場として保護されるケロス島に近く位置しています。ケロス島ではキクラデス諸島の歴史的な遺物が多数発見されています。

唯一の有人島であるパノ・コウフォニシ島は、黄金の砂浜や青く澄んだ海が自慢のリゾート地です。