シロス島⇒ドヌサ島線

シロス島⇒ドヌサ島線は、現在2社の船会社が運航しているキクラデス諸島とキクラデス諸島を結ぶフェリーです。Blue Star Ferriesのフェリーは最多で週1便、約3時間40分で運航されています。一方SeaJetsは最多で週1便、最短ルートでは3時間でフェリーを運航しています。

シロス島⇒ドヌサ島線は、合計で週2便がキクラデス諸島とキクラデス諸島の間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

シロス島⇒ドヌサ島のフェリー会社

シロス島とは

シロス島(Syros)、別名シュロス島はエーゲ海に浮かぶギリシャ領キクラデス諸島の島で、首都アテネの南東145kmに位置してます。紀元前3000年頃から歴史の続くこの島には、かつてアナトリア半島と関連のあった金属加工所が存在していたことが判明しています。紀元前6世紀、シロス島はサモス島から来た大量の移住者が占領していました。ペレキュデースはこの時期にシロス島に生まれた哲学者で、後にサモス島へ渡り、ピタゴラスの教師となりました。

シロス島は美しい自然に加え、活気あるカルチャーシーンと素晴らしい芸術が自慢のリゾート地です。この島を訪れたら、博物館や美術館をチェックしてみましょう。また、昔ながらの古風な村を散歩したり、青い海のビーチでのんびり過ごしたり・・・とシロス島では様々な方法で旅行をエンジョイできます。

シロス島の港からは、従来型フェリーおよび高速フェリーで本土のラフィーナやピレウスへ渡航できます。また、キクラデス諸島の他の島々や、ドデカネス諸島、クレタ島、テッサロニキともフェリーで結ばれています。

ドヌサ島とは

ドヌサ島(Donoussa)はギリシャ領キクラデス諸島の島で、ナクソス島の東およびアモルゴス島の北に位置しています。面積わずか13km²の小さなドヌサ島には、隠れた砂浜や入り江が多く存在します。島の住人は、主に港のある最大の村Stavrosや、Mersini、Haravgi、Kalotaritissaに暮らしています。島北西部に位置する鍾乳石のSpilia tou Tichou洞窟 や、青い海の美しい東部のFokospilia洞窟は、人気の観光名所として知られています。ギリシャ神話によると、ディオニュソスがアリアドネに提供したテセウスから身を隠すの隠れ家がこの島にあると言われています。また、幾何学文様期の集落および青銅器時代の住居の遺跡は、この島が歴史的に重要であることを示しています。

ドヌサ島は、フェリーで本土のピレウス、ナクソス島、アモルゴス島などと結ばれています。