ミロス島⇒シフノス島線

ミロス島⇒シフノス島線は、キクラデス諸島とキクラデス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在ダイレクトフェリーズは、この区間で4社の船会社を取り扱っています。Aegean Speed Linesは最多で週8便のフェリーを運航しています。Zante Ferriesは週3便、SeaJetsは日3便、Hellenic Seawaysは最多で週2便のフェリーを運航しています。

ミロス島⇒シフノス島線では、キクラデス諸島とキクラデス諸島の間において合計週34便のフェリーが就航しています。ご希望の出発日・時刻に最も近くお得なフェリーを予約するためにも、4社が運航する全てのオプションを比較してみましょう。

ミロス島⇒シフノス島のフェリー会社

ミロス島⇒シフノス島線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ミロス島⇒シフノス島線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

ミロス島とは

ミロス島(Milos)は、クレタ島北沖のエーゲ海に浮かぶギリシャ領キクラデス諸島の島で、パリ・ルーヴル美術館の「ミロのビーナス」の発見地として有名です。他にも、現在は大英博物館所蔵のギリシア神アスクレーピオス像や、アテネにあるポセイドン像、アルカイク美術のアポロン像が出土しています。小さなアダマス港の周囲では、土産物、アクセサリー、宝石類、工芸品、地元産の織物や刺繍、食料品などを様々な売店で購入できます。

ミロス島はアテネ近郊のピレウスや、キクラデス諸島の他の島々、ドデカネス諸島、クレタ島から従来型フェリーおよび高速双胴船で渡航でき、夏季には運航が毎日に増えます。また、島のもう一つの港アポロニア港は、キモロス島やグラロニシア島と結ばれています。

シフノス島とは

シフノス島(Sifnos)はギリシャ領キクラデス諸島西部の島で、伝統的な美しい建築物、綺麗なビーチ、素敵なレストラン、美味しい料理、雄大な山々など、様々な魅力のあるリゾート地です。島の南沿岸部は青く澄んだ海と、設備の整った砂浜がある人気の観光スポットです。島の守護聖人を祀る美しいクリソピギ修道院には、多くの人々が訪れています。また、エーゲ海の美しい眺めや伝統的な町並みが魅力のカストロ村は、島で最も風光明媚な集落として知られています。この村は4000年以上の歴史があり、紀元前800年頃に造られた城壁など、様々な場所にその面影が残っています。

シフノス島の港はカマレスの町に位置しています。夏季は通常のフェリーと高速船でこの島を訪れることができます。また、シフノス島は本土のピレウスやセリフォス島、フォレガンドロス島、キトノス島、ミロス島、イオス島、サントリーニ島などキクラデス諸島の島々や、クレタ島とフェリーで結ばれています。