コウフォニシア⇒スキヌサ島線

コウフォニシア⇒スキヌサ島線は、現在2社の船会社が運航しているキクラデス諸島とキクラデス諸島を結ぶフェリーです。Blue Star Ferriesのフェリーは最多で週3便、約30分で運航されています。一方SeaJetsは最多で週1便、最短ルートでは15分でフェリーを運航しています。

コウフォニシア⇒スキヌサ島線は、合計で週4便がキクラデス諸島とキクラデス諸島の間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

コウフォニシア⇒スキヌサ島のフェリー会社

コウフォニシア⇒スキヌサ島線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。コウフォニシア⇒スキヌサ島線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

コウフォニシアとは

コウフォニシア(Koufonisia/Koufonissi)はギリシャ領キクラデス諸島の一部で、ナクソス・少キクラデス市に属する島々です。この地域はナクソス島の南東、アモルゴス島の西に位置すパノ・コウフォニシ島(上側)、無人島のカト・コウフォニシ島(下側)、同じく無人島で保護区域のケロス島の三つの島で構成されています。なお、20世紀にはケロス島でキクラデス文化の遺物が大量に発見されました。パノ・コウフォニシ島はキクラデス諸島最小で、かつ最も人口密度の高い島として知られています。島で最も人気の観光スポットは古代遺跡の上に建つ小さなパナギア教会です。島の港は主に漁船や観光船が使用しており、また、港の東には島の目印のような白い風車が見えます。さらに、島の南西沿岸には、キクラデス建築の美しい家々が並ぶチョーラ(Chora;ギリシャ語ではホラ)と呼ばれる島最大の集落が存在します。

スキヌサ島とは

スキヌサ島(Schinoussa/Schoinousa)はエーゲ海に浮かぶ小さなギリシャの島です。ナクソス島の南に位置するこの島は、コウフォニシア、ドヌサ島、イラクリア島と共に小キクラデスの島々を構成しています。美しい自然や人里離れたビーチが魅力のスキヌサ島は、静かで落ち着いたリゾート地をお探しの方に最適の旅行先です。島内には多くはないものの、十分な観光用施設が用意されています。

スキヌサ島はナクソス島から簡単にアクセスできるため、日帰り旅行に最適です。主な見どころはホラに位置するパナギア・アカシ教会です。村の中心に建つこの教会は、青い屋根と白い壁の典型的なキクラデス建築の美しい外観が特徴です。この教会は島を保護していると考えられており、島内で最も重要視されています。