ケア島⇒シロス島線

ケア島⇒シロス島線は、現在2社の船会社が運航しているキクラデス諸島とキクラデス諸島を結ぶフェリーです。SeaJetsのフェリーは最多で週1便、約2時間20分で運航されています。一方Hellenic Seawaysは最多で週2便、最短ルートでは4時間でフェリーを運航しています。

ケア島⇒シロス島線は、合計で週3便がキクラデス諸島とキクラデス諸島の間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

ケア島⇒シロス島のフェリー会社

ケア島⇒シロス島線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ケア島⇒シロス島線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

ケア島とは

ケア島(Kea)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領キクラデス諸島の島で、スニオン岬から約20km、首都アテネの南東60kmの地点に位置しています。全長19km、幅9kmと比較的小さなこの島には、KorissaとVourkariという二つ主要な村が存在します。旅行者に最も人気の観光スポットの一つは、Korissiaにある港です。ボートや漁船が停泊するこの港では、周辺を白い壁とカラフルな屋根の住宅や、石畳の路地、趣きのある教会に囲まれた絵葉書の写真のような風景を実際に眺めることができます。

ケア島の海は透明度が高いため、スキューバダイビングで人気のリゾート地としても知られています。特に海中での見通しがよく、海洋生物も豊富で、ウォールダイビングに向いていると言われています。最も人気のダイビングスポットは1868年に沈没した汽船パトリス号や、1.5海里沖に沈むタイタニック号の姉妹船ブリタニック号などです。特にブリタニック号は水深120mに位置するため、テクニカルダイバーに人気のスポットです。

シロス島とは

シロス島(Syros)はギリシャ領キクラデス諸島の島です。この島は典型的なキクラデス様式ではなく、中世を想わせる建築物が多く存在するユニークなリゾート地です。島の中心地であるエルムポリでは、ベネチア様式の歴史ある美しい邸宅を見学することができます。町のヴァポリア地区は美しい教会や、広場にある市庁舎やアポロ劇場をはじめとした新古典主義の建築物も見逃せません。また、青く澄んだ海や美しいビーチはシロス島を代表する魅力の一つです。

シロス島は紀元前3000年頃から続く長い歴史を誇ります。この時期から島のハランドリアニやカストリ周辺には居住者が存在した形跡が見つかっています。島ではなんらかの鍛冶場が存在したことを示す遺物が見つかっており、おそらくアナトリア半島と貿易があったと考えられています。また、紀元前6世紀にはサモス島の人々がこの島へ大量に移住しました。ペレキュデースはこの時期にシロス島に生まれた哲学者で、後にサモス島へ渡り、ピタゴラスの教師となりました。