コウフォニシア⇒ミコノス島線

コウフォニシア⇒ミコノス島線は、現在2社の船会社が運航しているキクラデス諸島とキクラデス諸島を結ぶフェリーです。Cyclades Fast Ferriesのフェリーは最多で週6便、約2時間55分で運航されています。一方SeaJetsは最多で週7便、最短ルートでは1時間30分でフェリーを運航しています。

コウフォニシア⇒ミコノス島線は、合計で週13便がキクラデス諸島とキクラデス諸島の間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

コウフォニシア⇒ミコノス島のフェリー会社

コウフォニシアとは

コウフォニシア(Koufonisia/Koufonissi)はギリシャ領キクラデス諸島の一部で、ナクソス・少キクラデス市に属する島々です。この地域はナクソス島の南東、アモルゴス島の西に位置すパノ・コウフォニシ島(上側)、無人島のカト・コウフォニシ島(下側)、同じく無人島で保護区域のケロス島の三つの島で構成されています。なお、20世紀にはケロス島でキクラデス文化の遺物が大量に発見されました。パノ・コウフォニシ島はキクラデス諸島最小で、かつ最も人口密度の高い島として知られています。島で最も人気の観光スポットは古代遺跡の上に建つ小さなパナギア教会です。島の港は主に漁船や観光船が使用しており、また、港の東には島の目印のような白い風車が見えます。さらに、島の南西沿岸には、キクラデス建築の美しい家々が並ぶチョーラ(Chora;ギリシャ語ではホラ)と呼ばれる島最大の集落が存在します。

ミコノス島とは

ミコノス島(Mykonos)はギリシャ領キクラデス諸島に属するエーゲ海で最も人気の島です。この島には写真で見るようなギリシャの伝統的で美しい光景が広がっており、毎年多くの人々を引きつけています。ミコノス・タウン、別名ホラ(Hora)は島最大の町で、観光の中心地です。ホラは古い港の埠頭や、タクシー乗り場(Plateia Manto Mavrogenous)、海辺のレストラン、博物館、おしゃれなブティック、リトル・ベニス内にある白く可愛らしい家などがよく知られています。また、ミコノス島を訪れる旅行者にとって島のビーチは見逃せません。島には多くの黄金に輝くビーチがあり、簡単にアクセスすることができます。ホラから最も近いビーチはアイオス・ステファノス(Aghios Stefanos)や、プラティス・ヤロス(Platis Gialos)にあり、島で一番美しいビーチではないものの、高い人気を誇っています。また、パーティーで有名な活気のあるパラダイス・ビーチは島の南西部にあります。

ミコノス島には二つの港があります。旧港(Old Port)は通常の旅客船が使用し、新しい港のTourlos港にはクルーズ船などが寄港します。ミコノス島発のフェリーはギリシャ本土のピレウス、ラフィーナ、キクラデス諸島の他の島々、ドデカネス諸島、クレタ島へ向かいます。また、従来型船と高速フェリーの両方が島を発着します。