コウフォニシア⇒セリフォス島線

コウフォニシア⇒セリフォス島線はキクラデス諸島とキクラデス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはSeaJetsのみです。

こちらは週7便まで、約5時間30分の所要時間で運航されています。

コウフォニシア⇒セリフォス島線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

コウフォニシア⇒セリフォス島のフェリー会社

コウフォニシアとは

コウフォニシア(Koufonisia/Koufonissi)はギリシャ領キクラデス諸島の一部で、ナクソス・少キクラデス市に属する島々です。この地域はナクソス島の南東、アモルゴス島の西に位置すパノ・コウフォニシ島(上側)、無人島のカト・コウフォニシ島(下側)、同じく無人島で保護区域のケロス島の三つの島で構成されています。なお、20世紀にはケロス島でキクラデス文化の遺物が大量に発見されました。パノ・コウフォニシ島はキクラデス諸島最小で、かつ最も人口密度の高い島として知られています。島で最も人気の観光スポットは古代遺跡の上に建つ小さなパナギア教会です。島の港は主に漁船や観光船が使用しており、また、港の東には島の目印のような白い風車が見えます。さらに、島の南西沿岸には、キクラデス建築の美しい家々が並ぶチョーラ(Chora;ギリシャ語ではホラ)と呼ばれる島最大の集落が存在します。

セリフォス島とは

セリフォス島(Serifos)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領キクラデス諸島の島です。この島は、レトロな雰囲気の素敵な集落、美しい港、綺麗な砂浜、自然がいっぱいの景色を楽しめる落ち着いたリゾート地として知られています。セリフォス島はその他の島々と比べると観光客が多くないため、昔ながらの古き良きギリシャの面影を残しています。72ヵ所のビーチがあるセリフォス島では、海水浴だけでなく、サイクリングやハイキングも盛んです。また、人気のダイビングスポットである第二次世界大戦時の難破船や、真っ白で要塞のような修道院など、様々な見どころが存在します。島で最も美しい地区は、山の中腹に広がるホラ村です。白塗りの建物に占められたこの村からは、エーゲ海の素晴らしい眺めを楽しめるでしょう。また、海沿いのリヴァディやリヴァダキアは最も人気の観光地として知られています。

セリフォス島はフェリーや高速船でアクセスできます。この島は夏季にシフノス島、ナクソス島、パロス島、サントリーニ島、キトノス島などの近隣の島々と船で結ばれています。