ドデカネス諸島

ドデカネス諸島⇒ギリシャのフェリー予約方法

ドデカネス諸島⇒ギリシャのフェリーは複数の選択肢が存在します。カルパトス島⇒ピレウス線、カリムノス島⇒カステロリゾ島線、コス島、ニシロス島、パトモス島、ピレウス、ロドス島、ティロス島、シミ島、リプシ島、アスティパレア島、カルパトス島、シロス島、カソス島、ハルキ島、アガトニシ島、ピタゴリオ、アイオス・キリコス、フォルニとアルコイ島、カステロリゾ島⇒コス島線、ニシロス島、ピレウス、ロドス島、ティロス島、カリムノス島、シミ島、アスティパレア島、パトモス島、アイオス・キリコス、フォルニとリプシ島、カリムノス島⇒カステロリゾ島線、コス島、ニシロス島、パトモス島、ピレウス、ロドス島、ティロス島、シミ島、リプシ島、アスティパレア島、カルパトス島、シロス島、カソス島、ハルキ島、アガトニシ島、ピタゴリオ、アイオス・キリコス、フォルニとアルコイ島、カステロリゾ島⇒コス島線、ニシロス島、ピレウス、ロドス島、ティロス島、カリムノス島、シミ島、アスティパレア島、パトモス島、アイオス・キリコス、フォルニとリプシ島、コス島⇒ニシロス島線、パトモス島、ピレウス、ロドス島、シロス島、ティロス島、カタポラ(アモルゴス島)、カリムノス島、カステロリゾ島、シミ島、リプシ島、アスティパレア島、カルパトス島、カソス島、ハルキ島、アガトニシ島、ピタゴリオ、アイオス・キリコス、フォルニ、アルコイ島とバシー、パトモス島⇒ニシロス島線、ピレウス、ロドス島、シロス島、ティロス島、カリムノス島、コス島、リプシ島、シミ島、カルパトス島、カソス島、アガトニシ島、ピタゴリオ、アイオス・キリコス、フォルニ、アルコイ島、カステロリゾ島、ヒオス島、カヴァラ、リムノス島(ミリナ)、ミティリーニ、ミコノス島とバシー、カリムノス島⇒カステロリゾ島線、コス島、ニシロス島、パトモス島、ピレウス、ロドス島、ティロス島、シミ島、リプシ島、アスティパレア島、カルパトス島、シロス島、カソス島、ハルキ島、アガトニシ島、ピタゴリオ、アイオス・キリコス、フォルニとアルコイ島、コス島⇒ニシロス島線、パトモス島、ピレウス、ロドス島、シロス島、ティロス島、カタポラ(アモルゴス島)、カリムノス島、カステロリゾ島、シミ島、リプシ島、アスティパレア島、カルパトス島、カソス島、ハルキ島、アガトニシ島、ピタゴリオ、アイオス・キリコス、フォルニ、アルコイ島とバシー、レロス島⇒パトモス島線、ピレウス、ロドス島、シロス島、カリムノス島、コス島、パロス島、リプシ島、シミ島、カルパトス島、ナクソス島、カソス島、アガトニシ島、ピタゴリオ、アイオス・キリコス、フォルニとアルコイ島とカリムノス島⇒カステロリゾ島線、コス島、ニシロス島、パトモス島、ピレウス、ロドス島、ティロス島、シミ島、リプシ島、アスティパレア島、カルパトス島、シロス島、カソス島、ハルキ島、アガトニシ島、ピタゴリオ、アイオス・キリコス、フォルニとアルコイ島へ繋がる合計255本のルートで6社のフェリー会社が運航しています。

ドデカネス諸島⇒ギリシャにおける最短ルートは、約20分のレロス島⇒リプシ島線です。弊社のフェリー検索機能なら、たった一度の検索で多数のルートを類似のルートと比較できるので、あなたがお探しのオプションが素早く簡単に見つかります!

ドデカネス諸島からギリシャへの航路図

クリックして地図を見る

ドデカネス諸島⇒ギリシャのフェリー

ドデカネス諸島とは:

ドデカネス諸島は、エーゲ海の南東端に浮かぶ12の島々です。ギリシャで最も天候の良い地域の一つであり、世界中から旅行者が訪れる人気のリゾート地です。

綺麗なビーチ、美味しいシーフード料理、古代の遺跡や美しい建築物が魅力のドデカネス諸島。それぞれの島に個性があり、どちらを選んでもギリシャの魅力を思い切り満喫できるでしょう。

最も人気の旅行先はロドス島で、ロマンチックな旧市街と中世の史跡が訪れる人々を魅了しています。また、諸島では様々なアクティビティが楽しめます。テレンドス島周辺の海では、海に沈んだ古代都市をダイビングで見学できます。

ドデカネス諸島には航路が充実しています。ギリシャ国内外を問わず、フェリーを利用すると様々な場所から諸島へアクセスできます。また、島巡りもフェリーがおすすめ!毎日多数の運航があるため、ご自身にぴったりの便がきっと見つかるでしょう。

ギリシャとは:

ギリシャは世界で最も人気の旅行先の一つとして知られています。同国には膨大な数の島々と16,000kmにもおよぶ海岸線があり、本土の東はエーゲ海、西はイオニア海、南は地中海に囲まれています。

ギリシャは多様性に富んだ国で、山がちな本土から、白い壁と青い屋根の教会が点在する美しい島々まで、興味深い景観が国中に広がっています。また、ギリシャにはブルーフラッグ認証を受けた多数の海岸と、18ヵ所のユネスコ世界遺産が存在します。

ギリシャ本土はイタリアからフェリーでアドリア海を渡り簡単に訪れることができます。また、国内には非常に多くの島が存在するため、多数の船会社が運航する様々な便を利用することができます。ギリシャの国内線では旅の種類によって船の等級が変化するものの、通常は近代的なフェリーが使用されています。また、航程が長時間の場合、従来型の旅客フェリーが利用され、島々の間を移動する短時間のルートでは高速双胴船か水中翼船に乗船することになります。