ハルキ島⇒ティロス島線

ハルキ島⇒ティロス島線はドデカネス諸島とドデカネス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはDodekanisos Seawaysのみです。

こちらは週1便まで、約40分の所要時間で運航されています。

ハルキ島⇒ティロス島線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

ハルキ島⇒ティロス島のフェリー会社

ハルキ島⇒ティロス島線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ハルキ島⇒ティロス島線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

ハルキ島とは

ハルキ島(Chalki)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領ドデカネス諸島の島で、諸島最小の有人島として知られています。島はロドス島から西に約6kmの場所に位置する自然の美しいリゾート地です。ハルキ島は落ち着いたビーチや多くの美しい建築物があり、静かにゆったり過ごしたい方に最適の旅行先です。少数のビーチが徒歩やバスで訪れることができるものの、多くは人里離れた場所に存在します。

島の中央には中世の城壁に見下された廃村があります。この村はエーゲ海で海賊行為が横行した際に、人々が港周辺の地域に移住したため、見捨てられた土地となりました。

ハルキ島は、ギリシャ本土のピレウスやドデカネス諸島の他の島々と、従来型船と高速フェリーで結ばれています。また、キクラデス諸島やクレタ島へも他の港を経由して渡航することが可能です。

ティロス島とは

ティロス島(Tilos)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領ドデカネス諸島の島です。この島は近隣の島々とは異なり人口が少なく静かなため、ギリシャ本来の魅力を堪能できる素晴らしいリゾート地です。島の住民は主に漁業を生業としており、その他は農業や観光産業に従事しています。人気の観光名所は、美しくも廃墟と化した15世紀のアイオス・パンテレイモン修道院です。また、同じく15世紀に聖ヨハネ騎士団が拠点とした城跡も一見の価値があります。ティロス島には、他にもメガロ・ホリオに位置する大天使ミカエル教会をはじめとした様々な教会が存在します。また、様々な動植物が生息するティロス公園、小さな象の化石を見学できるカルカディオ洞窟などもおすすめです。カルカディオ洞窟では1970年代に初めて象の化石化した骨格が見つかりました。