パトモス島⇒アガトニシ島線

パトモス島⇒アガトニシ島線はドデカネス諸島とドデカネス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはDodekanisos Seawaysのみです。

こちらは週2便まで、約55分の所要時間で運航されています。

パトモス島⇒アガトニシ島線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

パトモス島⇒アガトニシ島のフェリー会社

パトモス島とは

パトモス島(Patmos)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領ドデカネス諸島の島です。諸島の最北端の島の一つで、トルコのすぐ西沖に位置しています。パトモス島の中心地はホーラで、主要港はスカラにあります。この島は「黙示録の島」として知られ、世界中から観光客が訪れています。また、美しい自然や伝統的で可愛らしい白塗りの家、綺麗な海、美味しい料理、活発なナイトライフなど、島は様々な魅力でいっぱいです。

「黙示録の洞窟」は、聖ヨハネがイエスの啓示を受け黙示録を書いたとされる、島を代表する観光名所です。洞窟内では、聖ヨハネが彫刻した十字架や、啓示が下りた瞬間に付いた三位一体を示す岩の裂け目などを見学できます。

パトモス島は、フェリーで本土のピレウスや、ドデカネス諸島の他の島々と結ばれています。ピレウス発のフェリーは約7時間で、近隣の島々からは1~1.5時間でパトモス島へ到着します。

アガトニシ島とは

アガトニシ島(Agathonisi)はドデカネス諸島の最北端に位置するギリシャの島です。面積およそ14km²の小さなアガトニシ島には、わずか200人の人々が暮らしています。島にはアイオス・ゲオルギウス、メガロ、ミクロ・ホリオの3つ町があり、それぞれ伝統的な美しい家々や庭園などが素敵なリゾート地として知られています。周囲の島々と同様、アガトニシ島には重要な生態系が存在し、多くの珍しい種類の鳥が棲息しています。また、この島は一部が保護区域に指定されています。

アガトニシ島を出発するフェリーは、リプシ島、ロドス島、シミ島、コス島、カリムノス島、レロス島へ向かいます。所要時間は目的地、航路、フェリーの種類により異なるものの、長くとも11時間ほどです。