ティロス島⇒パトモス島線

ティロス島⇒パトモス島線はドデカネス諸島とドデカネス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはBlue Star Ferriesのみです。

こちらは週1便まで、約6時間の所要時間で運航されています。

ティロス島⇒パトモス島線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

ティロス島⇒パトモス島のフェリー会社

ティロス島とは

ティロス島(Tilos)は、エーゲ海に浮かぶドデカネス諸島の島で、コス島とロドス島の中間に位置しています。山々や平原が特徴のこの島では、400種類以上の花やハーブを見つけることができます。また、サヨナキドリ、ゴシキヒワ、ボネリークマタカ、ワシ、サギ、ハチクイなどの珍しい鳥類が生息しており、島全体が国際条約で保護される動植物園として知られています。

島の中心地は港町リヴァディアで、城塞跡、石造りの廃墟、ビザンチン様式の教会などの史跡を見学できます。また、リヴァディアは最大の町であるものの、島の行政上の中心は2km先の町メガロ・ホリオにあります。15世紀に造られたアイオス・パンテレイモン修道院は、個性的な外観が目を引く人気の観光スポットです。また、同じく15世紀に聖ヨハネ騎士団が拠点を置いた城跡も一見の価値があります。

ティロス島の港からは、本土のピレウスや、ロドス島をはじめとしたドデカネス諸島の島々を訪れることができます。

パトモス島とは

パトモス島(Patomos)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領ドデカネス諸島の島で、トルコの西沖に位置しています。スカラは島の港町であり、様々な観光名所が存在することでも知られています。町の北には緑が多く美しいメロイ海岸があります。また、ホラ村には、聖ヨハネがイエスの啓示を受け黙示録を書いたとされる「神学者聖ヨハネ修道院と黙示録の洞窟」が存在します。洞窟内では、聖ヨハネが彫刻した十字架や、啓示が下りた瞬間に付いた三位一体を示す岩の裂け目などを見学できます。また、聖書のヨハネの黙示録にも、著者ヨハネ自身がパトモス島でイエスより啓示を受けたことが記述されています。