アガトニシ島⇒リプシ島線

アガトニシ島⇒リプシ島線はドデカネス諸島とドデカネス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはDodekanisos Seawaysのみです。

こちらは週2便まで、約35分の所要時間で運航されています。

アガトニシ島⇒リプシ島線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

アガトニシ島⇒リプシ島のフェリー会社

アガトニシ島とは

アガトニシ島(Agathonisi)はギリシャ領ドデカネス諸島の北端に位置する小さな島です。この島はサモス島から約25km、パトモス島から約37km、トルコから約14km離れた場所にあり、周囲を多くの小島に囲まれています。また、この島にはMegálo Chorió(大きな村)、Mikró Chorió(小さな村)、島唯一の港と少数のホテルがあるAgios Georgios(聖ジョージ)の三つの集落があります。アガトニシ島は地元でGaidaroや、古代の名称Trageaとして知られています。さらに、島は最高地点は海抜209mで、Mikró Chorióのすぐ側に位置しています。

アガトニシ島へ渡航する際は、スケジュールやフェリー会社によって、従来型フェリーか高速フェリーのどちらかを利用スルことができます。従来型の船で島を訪れる場合、乗船時間は約8~11時間で、高速フェリーであれば、寄港する目的地の数により6.5~8.5時間で到着します。

リプシ島とは

リプシ島(Lipsi)はギリシャ領ドデカネス諸島の島で、パトモス島とレロス島の間に位置しています。リプシ島の歴史は先史時代まで遡ることができますが、クレタ人のイリアスが今日の島を1669年に築き、その後1948年にギリシャへ正式に統合されました。この島で人気の観光名所は市庁舎と博物館の隣にある聖イオアニス・セオロゴス教会です。教会内部には1500年代の黒い聖母の肖像が存在します。また、教会の遺物や考古学的価値のある所蔵品を見学できる民族博物館もおすすめです。さらに、中心地リプシからおよそ1.5kmの地点には、赤子のキリストではなく、磔にされたキリストを腕に抱く聖母マリアの珍しい肖像があるパナギア・ハロス教会が位置しています。