リプシ島⇒カルパトス島線

リプシ島⇒カルパトス島線はドデカネス諸島とドデカネス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはBlue Star Ferriesのみです。

こちらは週1便まで、約12時間10分の所要時間で運航されています。

リプシ島⇒カルパトス島線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

リプシ島⇒カルパトス島のフェリー会社

リプシ島とは

リプシ島(Lipsi)は、ギリシャ領ドデカネス諸島の島で、パトモス島の東、サモス島の南、レロス島の北に位置しています。この島には、クレタ人のイリアスが1669年に築いた集落がありますが、島の歴史は先史時代にまで遡ることができます。1948年にギリシャ領となったこの島は、大きさが約16km²で、35kmの海岸線があり、約700人の人口を抱えています。

リプシ島には、広場に位置する博物館や美しい聖イオアニス・セオロゴス教会など様々な見どころがあります。この教会内部には、500年以上の歴史をもつ黒い聖母の肖像が存在します。また、島の民族博物館では、教会の遺物や考古学的価値のある所蔵品を見学できます。また、中心地リプシの1.5km先に位置する修道院には、ギリシャで唯一の珍しい肖像があります。パナギア・ハロス教会には、赤子のキリストの代わりに、磔にされたキリストを腕に抱く聖母マリアの珍しい肖像が飾られています。教会と肖像はどちらも1600年頃のものだと言われています。

リプシ島は、パトモス島とレロス島を行き来するフェリーの寄港地です。また、本土のピレウスからもフェリーで訪れることができます。

カルパトス島とは

カルパトス島(Karpathos)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領ドデカネス諸島の島で、諸島では二番目の大きさを誇ります。クレタ島とドロス島の間に位置するこの島は、ギリシャの島々の中でも最も雄大な景観が広がるリゾート地として知られています。また、カルパトス島は遠隔地に位置するため、近隣の島々とは異なり、過去数十年間にようやく発展し始めた土地でもあります。ただし、その土地開発の多くは島の南部に限られています。北部や中心部には観光地とは程遠い小さく美しい村や、素晴らしい自然がそのまま残っており、島本来の魅力が保たれています。また、カルパトス島の最も有名なスポットは、青く澄んだ海と黄金の砂が輝くビーチでしょう。この島は家族連れや、トレッキングに適した小道が広がるため、ハイカーにも人気です。

カルパトス島は、本土のピレウス、ロドス島、クレタ島のイラクリオンとシティア、ミロス島、アナフィ島、サントリーニ島、ハルキ島、カソス島とフェリーで結ばれています。