エーゲ海諸島

エーゲ海諸島⇒ギリシャのフェリー予約方法

エーゲ海諸島⇒ギリシャのフェリーは複数の選択肢が存在します。アイオス・キリコス⇒フォルニ線、フォルニ⇒アイオス・キリコス線、ピタゴリオ、パトモス島、リプシ島、カリムノス島、コス島、カルロバシ、エヴディロス、ミコノス島、ピレウス、シロス島、バシー、ヒオス島、カヴァラ、リムノス島(ミリナ)、ミティリーニ、カステロリゾ島、ニシロス島、ロドス島、シミ島、ティロス島とテッサロニキ、ピタゴリオ⇒フォルニ線、アガトニシ島、アルコイ島、パトモス島、リプシ島、カリムノス島、コス島、アイオス・キリコスとロドス島、フォルニ⇒アイオス・キリコス線、ピタゴリオ、パトモス島、リプシ島、カリムノス島、コス島、カルロバシ、エヴディロス、ミコノス島、ピレウス、シロス島、バシー、ヒオス島、カヴァラ、リムノス島(ミリナ)、ミティリーニ、カステロリゾ島、ニシロス島、ロドス島、シミ島、ティロス島とテッサロニキ、ピタゴリオ⇒フォルニ線、アガトニシ島、アルコイ島、パトモス島、リプシ島、カリムノス島、コス島、アイオス・キリコスとロドス島、アイオス・キリコス⇒フォルニ線、パトモス島、リプシ島、カリムノス島、コス島、ピタゴリオ、ロドス島、カルロバシ、ミコノス島、シロス島、バシー、ピレウス、ヒオス島、カヴァラ、リムノス島(ミリナ)、ミティリーニ、カステロリゾ島、ニシロス島、シミ島とティロス島、フォルニ⇒アイオス・キリコス線、ピタゴリオ、パトモス島、リプシ島、カリムノス島、コス島、カルロバシ、エヴディロス、ミコノス島、ピレウス、シロス島、バシー、ヒオス島、カヴァラ、リムノス島(ミリナ)、ミティリーニ、カステロリゾ島、ニシロス島、ロドス島、シミ島、ティロス島とテッサロニキ、アイオス・キリコス⇒フォルニ線、パトモス島、リプシ島、カリムノス島、コス島、ピタゴリオ、ロドス島、カルロバシ、ミコノス島、シロス島、バシー、ピレウス、ヒオス島、カヴァラ、リムノス島(ミリナ)、ミティリーニ、カステロリゾ島、ニシロス島、シミ島とティロス島、ピタゴリオ⇒フォルニ線、アガトニシ島、アルコイ島、パトモス島、リプシ島、カリムノス島、コス島、アイオス・キリコスとロドス島、アイオス・キリコス⇒フォルニ線、パトモス島、リプシ島、カリムノス島、コス島、ピタゴリオ、ロドス島、カルロバシ、ミコノス島、シロス島、バシー、ピレウス、ヒオス島、カヴァラ、リムノス島(ミリナ)、ミティリーニ、カステロリゾ島、ニシロス島、シミ島とティロス島とアイオス・エフストラティオス島⇒カヴァラ線、リムノス島(ミリナ)とラブリオへ繋がる合計127本のルートで3社のフェリー会社が運航しています。

エーゲ海諸島⇒ギリシャにおける最短ルートは、約15分のフォルニ⇒アイオス・キリコス線です。弊社のフェリー検索機能なら、たった一度の検索で多数のルートを類似のルートと比較できるので、あなたがお探しのオプションが素早く簡単に見つかります!

エーゲ海諸島からギリシャへの航路図

クリックして地図を見る

エーゲ海諸島⇒ギリシャのフェリー

エーゲ海諸島とは:

エーゲ海諸島はギリシャ本土の南部と東部、トルコの西側に位置するエーゲ海の島々です。

エーゲ海諸島は非常に広大で、地域にはキクラデス諸島、ドデカネス諸島、北エーゲ海諸島、サロニカ諸島、スポラデス諸島、クレタ島、イオニア諸島、エヴィア島が含まれています。中でもクレタ島、リムノス島、レスボス島、イオス島、サモス島、ヒオス島などは人気の高いリゾート地で、毎年多くの人々が訪れています。

エーゲ海諸島はギリシャの文化や伝統を象徴する存在と考えられています。素晴らしい天気や美しい海岸はもちろんですが、白塗りの家が並ぶ昔ながらの村や、はるか昔に繁栄した見事な文明の史跡など、この島々は旅行者を引きつける様々な魅力に溢れています。

フェリーは諸島間を移動するための主要な交通手段で、様々な地域へ渡航できる便利なオプションです。

ギリシャとは:

ギリシャは世界で最も人気の旅行先の一つとして知られています。同国には膨大な数の島々と16,000kmにもおよぶ海岸線があり、本土の東はエーゲ海、西はイオニア海、南は地中海に囲まれています。

ギリシャは多様性に富んだ国で、山がちな本土から、白い壁と青い屋根の教会が点在する美しい島々まで、興味深い景観が国中に広がっています。また、ギリシャにはブルーフラッグ認証を受けた多数の海岸と、18ヵ所のユネスコ世界遺産が存在します。

ギリシャ本土はイタリアからフェリーでアドリア海を渡り簡単に訪れることができます。また、国内には非常に多くの島が存在するため、多数の船会社が運航する様々な便を利用することができます。ギリシャの国内線では旅の種類によって船の等級が変化するものの、通常は近代的なフェリーが使用されています。また、航程が長時間の場合、従来型の旅客フェリーが利用され、島々の間を移動する短時間のルートでは高速双胴船か水中翼船に乗船することになります。