フォルニ⇒カヴァラ線

フォルニ⇒カヴァラ線はエーゲ海諸島とギリシャを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはHellenic Seawaysのみです。

こちらは週1便まで、約20時間10分の所要時間で運航されています。

フォルニ⇒カヴァラ線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

フォルニ⇒カヴァラのフェリー会社

フォルニとは

フォルニ(Fournoi)はギリシャ領の小さな島々で構成される群島で、北エーゲ海のイカリア島、サモス島、パトモス島の間に位置しています。主要島フォルニには、島の港としても機能している同名の町があります。フォルにはかつて海賊の拠点でコーセオン(Korseon)と呼ばれていました。歴史と自然の豊かなフォルニにはイオニア時代、古典時代、ヘレニズム時代の様々な古代遺跡が島中に残されています。また、カマリ(Kamari)にある古代神殿や、海底に眠る住居の跡、Ai Giorgisの丘(アクロポリス)に築かれたサイクロプ式の壁(巨大な石垣)、ペトロコピオ(Petrokopio)にある古代の砕石場、Agia Triadaにあるポセイドンを祀る神殿などが人気の観光地です。島の主な収入源は漁業、農業、そして観光業です。島にはVlychada、Vitsilia、Petrokopio、Elidaki、Baliを含む多数の美しいビーチが存在します。

カヴァラとは

カヴァラ(Kavala)はギリシャ共和国東マケドニア・トラキア地方の都市で、カヴァラ県の県都である港町です。シムヴォロ山の麓に位置するこの町はギリシャで最も風光明媚な都市として知られています。この町で発掘された遺物を分析した結果、町の歴史は先史時代まで遡ることができることが判明しています。町の本来の中心街は紀元前7世紀から居住者がいるパナイア地区のみでした。また、町は16世紀初頭に拡大し、1870年まで新しい町境が保たれていました。とはいえ、現在の市街の大部分は1928年以降に形作られたものです。

カヴァラは恵まれた立地や港の存在により豊かな都市となりました。町を散策すると、新古典主義建築の美しい屋敷を多く見かけます。また、19世紀に造られたタバコ工場は町の過去を象徴する建物です。このタバコ工場ではかつて何千人もの従業員が働いていました。現在、工場は博物館であり、興味深い展示品を見学することができます。

カヴァラの港はアイオス・エステファノス島、リムノス島、ラブリオ、アイオス・キリコス、ヒオス島、カルロバシ、プサラ島、バシー、ミティリーニとフェリーで結ばれています。