イタリア

イタリア⇒エオリア諸島のフェリー予約方法

イタリア⇒エオリア諸島のフェリーは複数の選択肢が存在します。ナポリ⇒リーパリ島線、ストロンボリ島⇒パナレア島線、サリーナ島、ヴルカーノ島、リーパリ島、ジノストラ(ストロンボリ島)、リネッラとフィリクーディ島、パナレア島⇒サリーナ島線、ストロンボリ島、ヴルカーノ島、リーパリ島、ジノストラ(ストロンボリ島)、リネッラとフィリクーディ島、サリーナ島⇒ヴルカーノ島線、パナレア島、ストロンボリ島、リーパリ島、ジノストラ(ストロンボリ島)、リネッラ、アリクーディ島とフィリクーディ島、リーパリ島⇒サリーナ島線、ストロンボリ島、パナレア島、ジノストラ(ストロンボリ島)、リネッラ、ヴルカーノ島、アリクーディ島とフィリクーディ島、サリーナ島⇒ヴルカーノ島線、パナレア島、ストロンボリ島、リーパリ島、ジノストラ(ストロンボリ島)、リネッラ、アリクーディ島とフィリクーディ島、パナレア島⇒サリーナ島線、ストロンボリ島、ヴルカーノ島、リーパリ島、ジノストラ(ストロンボリ島)、リネッラとフィリクーディ島、ヴルカーノ島⇒リーパリ島線、ストロンボリ島、パナレア島、サリーナ島、ジノストラ(ストロンボリ島)、リネッラ、アリクーディ島とフィリクーディ島、ストロンボリ島⇒パナレア島線、サリーナ島、ヴルカーノ島、リーパリ島、ジノストラ(ストロンボリ島)、リネッラとフィリクーディ島、サリーナ島⇒ヴルカーノ島線、パナレア島、ストロンボリ島、リーパリ島、ジノストラ(ストロンボリ島)、リネッラ、アリクーディ島とフィリクーディ島とストロンボリ島⇒パナレア島線、サリーナ島、ヴルカーノ島、リーパリ島、ジノストラ(ストロンボリ島)、リネッラとフィリクーディ島へ繋がる合計84本のルートで5社のフェリー会社が運航しています。

イタリア⇒エオリア諸島における最短ルートは、約9分のサリーナ島⇒リネッラ線です。弊社のフェリー検索機能なら、たった一度の検索で多数のルートを類似のルートと比較できるので、あなたがお探しのオプションが素早く簡単に見つかります!

イタリアからエオリア諸島への航路図

クリックして地図を見る

イタリア⇒エオリア諸島のフェリー

イタリアとは:

イタリアは、世界で最多のユネスコ世界遺産を保有する国家で、ギリシャと共に西洋文化の誕生地として知られています。

イタリアは優れた芸術や遺跡の宝庫で、小さな村でさえも興味深い場所が必ず数ヵ所あります。ローマ時代の遺跡からビザンチンの古都、ルネサンス期の傑作から石畳の小道、美しい教会、多様な美しい海岸など、多くの見どころがあるイタリアは、貴重で素晴らしい体験のできる場所です。

また、イタリアは多数の見逃せない観光地へフェリーで旅する際の便利な出発地で、多数の国内線が運航されています。同国には長距離にわたる海岸線と数多くの有名な島々が存在し、目的地の多さは他の追随を許しません。国外への渡航に関しては、ほぼ全てのアドリア海沿岸諸国と結ばれており、ギリシャ、チュニジア、スペインへ向かう様々な船便が存在します。

通常、島へ向かうフェリーは小型の客船で所要時間は短く、長時間の国際線は豪華なクルーズフェリーを利用することができます。

エオリア諸島とは:

エオリア諸島は、大小含めて複数の島々から成るシチリア島北沖に浮かぶティレニア海の群島です。また、この火山性の諸島はユネスコ世界遺産に登録されています。

エオリア諸島は最も大きく人口の多いリーパリ島、西に位置する自然のままの小さなフィリクーディ島、最果てに位置する二番目に大きなアリクーディ島、最も肥沃で緑の多い大きなサリーナ島、最南端に位置する泥浴で有名なヴルカーノ島、欧州で最も活発な火山のある北西のストロンボリ島、夏季に大人気のパナレア島、無人のバジルッツォ島で構成されています。

エオリア諸島の素晴らしい自然美と恵まれた地中海性気候は毎年多くの人々を引きつけています。

また、エオリア諸島を訪れる場合、島々の大きさと地理の関係上、フェリーでの移動が主な交通手段です。諸島間のフェリーやシチリア島、イタリア本土発の連絡船は多数あり、夏季にはさらに多くのフェリーが運航されています。