ストックホルム⇒タリン線

ストックホルム⇒タリン線は、スウェーデンとエストニアを結ぶフェリーのルートです。現在ダイレクトフェリーズは、この区間で3社の船会社を取り扱っています。Tallink Siljaは最多で週7便のフェリーを運航しています。Viking Lineは週6便、St Peter Lineは最多で週1便のフェリーを運航しています。

ストックホルム⇒タリン線では、スウェーデンとエストニアの間において合計週14便のフェリーが就航しています。ご希望の出発日・時刻に最も近くお得なフェリーを予約するためにも、3社が運航する全てのオプションを比較してみましょう。

ストックホルム⇒タリンのフェリー会社

ストックホルム⇒タリン線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ストックホルム⇒タリン線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

ストックホルムとは

ストックホルム(Stockholm)はスウェーデンの首都で、同国の南西部にあるメーラレン湖がバルト海に達する場所に位置する14の小島を含んでいます。ストックホルムはスウェーデンを代表する都市であるだけではなく、多数の文化遺産があることでも知られており、1998年には欧州文化首都に選ばれました。中でもユネスコ世界遺産に登録された三ヵ所の史跡「ドロットニングホルム宮殿」、「スコーグスシュルコゴーデン(森の墓地)」、「ビルカ」は見逃せません。また、ストックホルムは世界で最も博物館の多い都市の一つとしても知られ、100ヵ所以上の博物館、美術館、記念館があります。最も有名であろうスウェーデン国立美術館は同国最大の所蔵数を誇り、16,000枚もの絵画、30,000もの美術工芸品が館内に収められています。これらの所蔵品は16世紀の国王グスタフ1世が収集した芸術品が基礎となっており、その後レンブラントやアントワーヌ・ヴァトーの作品が追加され、現在のスウェーデンの芸術遺産の主要部分を構成しています。

ストックホルム港はスカンジナビア半島の主要港の一つです。この港はスウェーデンの玄関口として機能しており、スウェーデンからフィンランド、ロシア、バルト海諸国に向けた旅客・貨物輸送の中心地でもあります。ストックホルムの中心街はレストラン、お店、商業施設などが多くあり、徒歩でも簡単にアクセス可能です。ストックホルム発のフェリーはフィンランドのヘルシンキ(16時間の船旅)、ラングナス、マリエハムンへ出航しています。

タリンとは

タリン(Tallinn)はエストニアの首都であり最大の都市です。エストニアの産業や地方政治の中心であるこの街は、13世紀にフィンランド湾沿いに築かれ、豊かな文化が織りなす数多くの観光名所が至るところに存在します。タリンは重要な港のある湾岸都市で、特に旧市街周辺は中世の面影が色濃く残っています。また、迷路のように広がった石畳の路地、空に向かってそびえ立つ数々の教会、保存状態のよい要塞や小塔からタリンの偉大な歴史を感じることができます。トームペア地区はタリンでも珍しい風景を見ることの出来る場所で、トームペア城(Castrum Danorum)や、丘の上に建つ正教会の重要な建物アレクサンドル・ネフスキー大聖堂(ただしロシア支配を想起させるので嫌われている)などが名所として有名です。さらに、タリンには13世紀に建造された旧市庁舎(Raekoda)があります。この重要な歴史的建造物の先端には「オールド・トーマス」と呼ばれる旗を持った若い番兵の銅像が立っています。