ダンケルク⇒ドーバー線

ダンケルク⇒ドーバー線はフランスとイングランドを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはDFDS Seawaysのみです。

こちらは日12便まで、約2時間の所要時間で運航されています。

ダンケルク⇒ドーバー線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

ダンケルク⇒ドーバーのフェリー会社

ダンケルク⇒ドーバー線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ダンケルク⇒ドーバー線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

ダンケルクとは

ダンケルク(Dunkirk)はベルギー国境から10kmほどの場所に位置する、フランス北部ノール県の港町で、ル・アーヴル、マルセイユに次ぐフランスで三番目に大きな港があります。ダンケルクは鉄鋼、食品加工、製油、造船、化学工業などが盛んな工業都市ですが、町には様々な見どころがあります。博物館「Musee Portuaire」では港の歴史に関する様々な展示物を見学することができ、美術館「Musee des Beaux-Arts」ではフランドル地方、イタリア、フランスの絵画や彫刻を鑑賞することができます。また、ダンケルクでは興味深いカーニバルも催されています。

海沿いの町ダンケルクのレストランでは、海鮮料理が人気です。ベルギー国境からも近いため、ムール貝や牡蠣を使った料理、フリット(フレンチフライ)、フランドル料理なども好評です。ショッピングを楽しみたい方は、中心街のジャン・バール像付近にあるブティックを訪れてみましょう。また、Centre Marineというショッピングセンターではフランスの洋品店をチェックすることができます。さらに、町からほど近い場所に、複数の総合スーパーもあります。

ダンケルクの港からは、1日11回イングランドのドーバーへ向かうフェリーが出航しています。

ドーバーとは

ドーバー(Dover)はイングランド南東部の港町で、ヨーロッパ大陸へ向かう貨客船の主要港としても知られています。この港は英仏海峡の最も細い部分に位置しており、毎年1,600万人の乗客、210万台のトラック、280万台の車とオートバイ、86,000台のバスが通過する世界で最も交通量の多い港として知られています。ドーバーにはホワイト・クリフと呼ばれる石灰質の崖がそびえ立っており、フェリーで旅する人々は素晴らしい光景を眺めることができるでしょう。また、この海峡の最も細い部分はドーバー海峡と呼ばれています。

ドーバーの観光名所の一つには、港を守るために建てられたドーバー城があります。この城は12世紀に建設されたイングランド最大の城塞で、国を守ってきた歴史から「イングランドの鍵」と呼ばれています。現在、ドーバー城は国の重要文化財に指定されており、無許可の改築を禁止されています。また、この城はグレードⅠのリストにも名を連ねており、世界的にも重要な歴史的建造物として認識されています。ドーバー城、地下トンネル、周囲の土地は現在イングリッシュ・ヘリテッジが管理しており、たくさんの人々が訪れる人気の観光地として有名です。