カレー⇒ドーバー線

カレー⇒ドーバー線は、現在2社の船会社が運航しているフランスとイングランドを結ぶフェリーです。DFDS Seawaysのフェリーは最多で1日15便、約1時間30分の所要時間で運航されています。一方P&O Ferriesは最多で1日23便、最短ルートでは1時間30分でフェリーを運航しています。

カレー⇒ドーバー線は、合計で日38便がフランスとイングランドの間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

カレー⇒ドーバーのフェリー会社

  • DFDS Seaways
    • 1日15便の運航 1時間30分
    • 料金を見る
  • P&O Ferries
    • 1日23便の運航 1時間30分
    • 料金を見る

カレー⇒ドーバー線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。カレー⇒ドーバー線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

カレーとは

カレー(Calais)は北フランスの町でイギリス海峡に面し、ドーバーより約33kmの場所に位置しています。晴れの日には、町からドーバーの白い崖(White Cliffs of Dover)を海峡の向こう側に見ることができます。カレーの旧市街(Calais-Nord)は人工島の上に築かれており、運河や港に囲まれています。また、St-Pierreと呼ばれるカレーのより近代的な地域は旧市街の南部に位置しています。

町の観光名所の中には、Place d’ArmesにあるTour du Guetという歴史的建造物があります。この塔は13世紀に給水塔として建設され、その後1848年まで灯台として使用されていました。

カレーにはフランス第4位の乗客数を誇る港があり、イギリスから多くの人々が訪れています。この港はパリ、ブリュッセル、ロンドンから車で3時間以内の場所に位置し、イギリスに対するフランスの玄関口としても機能しています。通常、カレー発の船は30分おきに出航しており、船はドーバーへ向けて1日50回出発し、乗船時間75分ほどで到着します。

ドーバーとは

ドーバー(Dover)はイングランド南東部の港町で、ヨーロッパ大陸へ向かう貨客船の主要港としても知られています。この港は英仏海峡の最も細い部分に位置しており、毎年1,600万人の乗客、210万台のトラック、280万台の車とオートバイ、86,000台のバスが通過する世界で最も交通量の多い港として知られています。ドーバーにはホワイト・クリフと呼ばれる石灰質の崖がそびえ立っており、フェリーで旅する人々は素晴らしい光景を眺めることができるでしょう。また、この海峡の最も細い部分はドーバー海峡と呼ばれています。

ドーバーの観光名所の一つには、港を守るために建てられたドーバー城があります。この城は12世紀に建設されたイングランド最大の城塞で、国を守ってきた歴史から「イングランドの鍵」と呼ばれています。現在、ドーバー城は国の重要文化財に指定されており、無許可の改築を禁止されています。また、この城はグレードⅠのリストにも名を連ねており、世界的にも重要な歴史的建造物として認識されています。ドーバー城、地下トンネル、周囲の土地は現在イングリッシュ・ヘリテッジが管理しており、たくさんの人々が訪れる人気の観光地として有名です。