カレー⇒フォークストンのユーロトンネル

カレー⇒フォークストン線はフランスとイングランドを結ぶユーロトンネルのルートです。現在、このルートを運航しているのはEurotunnelのみです。

こちらは日55便まで、約35分の所要時間で運航されています。

カレー⇒フォークストン線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

カレー⇒フォークストンのユーロトンネル会社

  • Eurotunnel
    • 1日55便 35分
    • 料金を見る

カレー⇒フォークストン線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。カレー⇒フォークストン線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

カレーとは

カレー(Calais)は北フランスの町でイギリス海峡に面し、ドーバーより約33kmの場所に位置しています。晴れの日には、町からドーバーの白い崖(White Cliffs of Dover)を海峡の向こう側に見ることができます。カレーの旧市街(Calais-Nord)は人工島の上に築かれており、運河や港に囲まれています。また、St-Pierreと呼ばれるカレーのより近代的な地域は旧市街の南部に位置しています。

町の観光名所の中には、Place d’ArmesにあるTour du Guetという歴史的建造物があります。この塔は13世紀に給水塔として建設され、その後1848年まで灯台として使用されていました。

カレーにはフランス第4位の乗客数を誇る港があり、イギリスから多くの人々が訪れています。この港はパリ、ブリュッセル、ロンドンから車で3時間以内の場所に位置し、イギリスに対するフランスの玄関口としても機能しています。通常、カレー発の船は30分おきに出航しており、船はドーバーへ向けて1日50回出発し、乗船時間75分ほどで到着します。

フォークストンとは

フォークストン(Folkestone)はイングランド南東部のケント州にあるイギリス海峡に面した港町で、ノース・ドウンズの南端に位置しています。フォークストンの沿岸部にはドーバーにある石灰の崖とは異なり、緑砂と粘土でできた緑の多い緩やかな丘があり、フォークストン・ハーバーには漁船や海峡を渡るボートが停泊しています。また、近隣には自然公園であるケント・ダウンズAONBや、美しい湖があるブロックヒル・カントリー公園、隣町のHytheにあるロイヤル・ミリタリー運河など、風光明媚で観光に最適な施設が位置しています。

フォークストンの魅力は、自然だけではありません。町の郊外には、英国最古の軍事博物館として知られるケント・バトル・オブ・ブリテン博物館が位置しています。また、同じく郊外のCapel-le-Ferneには、バトル・オブ・ブリテン記念館があります。歴史に興味のある方はぜひ訪れてみましょう。

フォークストンの港は現在、主に町の漁船やプレジャーボートが利用しています。加えて、町は対岸にあるフランスのカレーとユーロトンネルで結ばれています。