バスティア⇒ジェノヴァ線

バスティア⇒ジェノヴァ線はコルシカ島とイタリアを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはMoby Linesのみです。

こちらは週8便まで、約5時間の所要時間で運航されています。

バスティア⇒ジェノヴァ線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

バスティア⇒ジェノヴァのフェリー会社

バスティア⇒ジェノヴァ線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。バスティア⇒ジェノヴァ線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

バスティアとは

バスティア(Bastia)はフランスのコルス地域圏の都市で、コルシカ島の北東に位置しています。町はコルシカ島の商業の中心地で、主要港も市内に位置しています。また、バスティアには港が3つあり、小さな入り江にある古い港(Vieux Port)は漁船やプレジャーボートが使用しています。町の北には商用フェリーの港があり、フェリーターミナルの北にはヨットや帆船が停泊するToga Marinaがあります。

バスティアの観光スポットには、旧ジェノヴァ総督邸宅であったコルス民族博物館や、16世紀の鐘楼や天守閣が残された要塞(シタデル)などがあります。この要塞からは、古い港やTerra Vecchia、山や海岸の素晴らしい眺めを楽しむことができます。

バスティアの港はフランス本土(マルセイユ、ニース、トゥーロン)や、イタリア本土(ジェノヴァ、ラ・スペツィア、リヴォルノ、ピオンビーノ、サヴォーナ、ポルトフェッラーイオ)と結ばれています。

ジェノヴァとは

ジェノヴァ(Genoa)はイタリア共和国リグーリア州の地中海に面した都市です。細い路地が張り巡らされたジェノヴァの旧市街は、この町の文化がつまった素敵な観光地です。様々な建築様式の建物が存在する市街には、町の歴史の面影がいたるところに残されています。また、町の旧港周辺は1992年に建築家レンゾ・ピアノが手がけた再開発計画により、おしゃれな湾岸地区として生まれ変わりました。人気の観光名所は埠頭近く位置する灯台で、市街や湾の美しい景色を見渡すことができます。

ジェノヴァの港はカラタ・デラ・キアペッラという通り沿いに位置しています。この港からはフェリーでサルデーニャ島、シチリア島、コルシカ島、スペイン、チュニジア、モロッコを訪れることができます。ターミナルビルは通常の旅客用設備に加え、車いすの方もアクセスし易いように工夫されています。