タンジュン・ピナン⇒タナメラ線

タンジュン・ピナン⇒タナメラ線は、現在2社の船会社が運航しているビンタン島とシンガポールを結ぶフェリーです。Sindo Ferryのフェリーは最多で1日4便、約2時間で運航されています。一方Majestic Fast Ferryは最多で1日5便、最短ルートでは1時間40分でフェリーを運航しています。

タンジュン・ピナン⇒タナメラ線は、合計で週63便がビンタン島とシンガポールの間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

タンジュン・ピナン⇒タナメラのフェリー会社

タンジュン・ピナン⇒タナメラ線の平均運賃

この料金は、お客様1人がお支払いされた平均の片道料金を表しています。

タナメラとは

タナメラ(Tanah Merah)は住宅地、工業団地、カントリークラブなどで構成されるシンガポールの一地域です。この地域では1970年初頭に埋立が開始され、沿岸部の勾配は平らになり、海岸沿いの道路と美しい東海岸が誕生しました。テマセク小学校はかつてタナメラ・ケチル崖が存在した場所に建っており、丘陵の終点をベドック・サウス・アベニュー3とアッパー・イーストコースト・ロードの交差点、および反対側のニューアッパー・チャンギロードとの交差点で確認することができます。

タナメラはマレー語で赤色土を意味します。かつて丘陵地であったこの地域には、大きなタナメラ・メサル崖と小さなタナメラ・ケチル崖が存在しました。崖があった場所を通る道路はそれぞれ、タナメラ・ベサル・ロード、タナメラ・ケルチ・ロードと名付けられています。

タナメラには、インドネシアのリアウ諸島と結ばれたフェリーターミナルがあります。