Sindo Ferry

Sindo Ferry(シンド・フェリー)はシンガポールとインドネシア・リアウ諸島の様々な島々を結ぶフェリーを運航しています。

2011年にペンギン・フェリー社を獲得したSindo Ferryは、現在はシンガポール最大のフェリー会社として知られています。

ハーバーフロントセンターとタナメラのフェリーターミナルからは、バタム島のバタムセンター、セクパン、ウォーターフロント、カリムン島のタンジュン・バライ、ビンタン島のタンジュン・ピナンへ向かうフェリーが毎日が出航しています。

Sindo Ferryは現地のレジャー会社の一部として、旅客フェリー部門において20年以上の経験を誇り、お客様が最高の船旅を体験できるよう最善を尽くしています。

13隻の最新鋭の船舶を所有するSindo Ferryは、通常の旅行および出張旅行において高い評価を得ています。同社のフェリーは通常の船舶よりも高速で快適、そして安価と評判です。

Sindo Ferryの船舶は定員150~300名で、広々とした快適な座席が用意されています。また、全ての船が徹底的に管理されているため、安全に船旅を楽しむことができます。

続きを読む 続きを閉じる