ヴォロス⇒スキアトス島線

ヴォロス⇒スキアトス島線は、現在2社の船会社が運航しているギリシャとスポラデス諸島を結ぶフェリーです。Hellenic Seawaysのフェリーは最多で1日3便、約1時間40分の所要時間で運航されています。一方Anes Ferriesは最多で週7便、最短ルートでは2時間45分でフェリーを運航しています。

ヴォロス⇒スキアトス島線は、合計で週28便がギリシャとスポラデス諸島の間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

ヴォロス⇒スキアトス島のフェリー会社

  • Hellenic Seaways
    • 1日3便の運航 1時間40分
    • 料金を見る
  • Anes Ferries
    • 週7便の運航 2時間45分
    • 料金を見る

ヴォロス⇒スキアトス島線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ヴォロス⇒スキアトス島線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

ヴォロスとは

ヴォロス(Volos)は、ギリシャ共和国テッサリア地方マグネシア県の県都で、アテネの325km北、テッサロニキの215km南に位置しています。ヴォロスの港は、この地域において海とアクセスのある唯一の場所です。1955年の震災後に造られたこの港は、ギリシャの数ある中でも最も新しい部類に入ります。また、この町は地域の製造業、サービス業、観光産業の中心地であり、国内で有名なテッサリア大学の本部が置かれています。さらに、ヴォロスは2004年のオリンピックでサッカー競技の会場となり、その他ではヨーロッパ陸上選手権のような競技大会も主催しています。また、2013年8月には国際天文学・天文物理学オリンピックもこの地で開催されました。

長い歴史を持つヴォロスは、ギリシャで最も美しい都市の一つと言われています。興味深い様々な建築物、博物館、壮麗な教会などのあるこの町は、ゆっくりと散策するのにぴったりの旅行先です。

ヴォロスの港からは、フェリーでスキアトス島、アロニソス島、スコペロス島、グロッサを訪れることができます。

スキアトス島とは

スキアトス島(Skiathos)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領スポラデス諸島の小さな島です。面積50km²、長さ12km、幅6kmと諸島最小の有人島であり、多くの人々は南沿岸部に居住しています。この地域は崖が連なる北部と比べ、比較的地勢がなだらかです。島には松の木々が多く存在するため、ギリシャや地中海の他の島々と比べ緑が豊かです。島の主な集落は、スキアトスとコウコウナリエスです。

スキアトス島は、イオニア人が移住した紀元前7世紀頃まで歴史を遡ることができます。その後は、アテナイ、スパルタ、マケドニア、ローマ帝国、ベネチア共和国、オスマン帝国など、様々な国々に支配されてきました。

スキアトス島は、本土のテッサロニキ、スポラデス諸島の他の島々、キクラデス諸島やクレタ島とフェリーや高速船で結ばれています。