アイオス・コンスタンティノス⇒スキアトス島線

アイオス・コンスタンティノス⇒スキアトス島線はギリシャとスポラデス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはAnes Ferriesのみです。

こちらは週2便まで、約4時間の所要時間で運航されています。

アイオス・コンスタンティノス⇒スキアトス島線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

アイオス・コンスタンティノス⇒スキアトス島のフェリー会社

アイオス・コンスタンティノス⇒スキアトス島線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。アイオス・コンスタンティノス⇒スキアトス島線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

アイオス・コンスタンティノスとは

アイオス・コンスタンティノス(Agios Konstantinos)はギリシャ・フティオティダ県の町です。行政機関の改革により、2011年以降はMolos-Agios Konstantionsの一部となり、自治体として位置づけられています。この町にはスポラデス諸島のスキアトス島、スコペロス島、アロニソス島へ向かうフェリーの港があります。

アイオス・コンスタンティノスはアテネの北西約168kmに位置する、人口約2,000人の小さな海辺のゾートです。この町には波止場があり、貿易の町として、また、一部が観光地として発展しました。町を訪れる人々はビーチでリラックスしたり、古代建築を眺めながら散策したり、郷土料理を試食したりして楽しんでいます。

スキアトス島とは

スキアトス島(Skiathos)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領スポラデス諸島の小さな島です。面積50km²、長さ12km、幅6kmと諸島最小の有人島であり、多くの人々は南沿岸部に居住しています。この地域は崖が連なる北部と比べ、比較的地勢がなだらかです。島には松の木々が多く存在するため、ギリシャや地中海の他の島々と比べ緑が豊かです。島の主な集落は、スキアトスとコウコウナリエスです。

スキアトス島は、イオニア人が移住した紀元前7世紀頃まで歴史を遡ることができます。その後は、アテナイ、スパルタ、マケドニア、ローマ帝国、ベネチア共和国、オスマン帝国など、様々な国々に支配されてきました。

スキアトス島は、本土のテッサロニキ、スポラデス諸島の他の島々、キクラデス諸島やクレタ島とフェリーや高速船で結ばれています。