スタヴァンゲル⇒ヒアツハルス線

スタヴァンゲル⇒ヒアツハルス線はノルウェーとデンマークを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはFjord Lineのみです。

こちらは週7便まで、約11時間30分の所要時間で運航されています。

スタヴァンゲル⇒ヒアツハルス線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

スタヴァンゲル⇒ヒアツハルスのフェリー会社

スタヴァンゲル⇒ヒアツハルス線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。スタヴァンゲル⇒ヒアツハルス線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

スタヴァンゲルとは

スタヴァンゲル(Stavanger)は、ノルウェー南西部のスタヴァンゲル半島に位置する都市です。12世紀に起源を持つこの町には、18~19世紀に建てられた、多数の木造家屋が残されています。町の大聖堂も同じく12世紀のもので、現在は人気の観光スポットとして知られています。市内には地元・海外を問わず様々な展示物のある複数の博物館が存在します。ノルウェー石油博物館は1998年にオープンした最も人気の博物館です。また、1864年に設立されたスタヴァンゲル博物館は市内最古のもので、大学の1階に位置する館内では5,000以上の展示物を見学できます。この町はノルウェーのフィヨルドを訪れるための玄関口としても人気で、近郊に位置するプレーケストーレンというフィヨルドの崖は毎年20万人が観光に訪れています。

スタヴァンゲル郊外にはデンマークのヒアツハルスやランゲスンと結ばれた町の港が位置しています。また、地元のフェリーはTauやKvitsøyへ運航されており、高速船がスタヴァンゲルとハウゲスンやサウダの間の村や島を往復しています。

ヒアツハルスとは

ヒアツハルス(Hirtshals)はデンマーク北部のユトランド半島にある港町で、ヴェンシュセルチュー島の海沿いに位置しています。この町は1919~1931年に建設された港を中心に築かれた町で、かつては鉄道でデンマーク全土と接続されていました。1966年に港が拡大された結果、現在では多数の漁船がこの港を利用しています。また、町の経済は観光産業と漁業に支えられています。

ヒアツハルスは、買い物で人気の町でもあります。一年を通して特にノルウェーから多数の買い物客が訪れています。また、市内の見どころはヨーロッパ最大規模の水族館で、70種類以上の生物を鑑賞することができます。

ヒアツハルスの港はベルゲン、クリスチャンサン、スタヴァンゲル、スタヴァンゲル、ランゲスン、ラルヴィク、セイジスフィヨルズル、トースハウンとフェリーで結ばれています。