スキアトス島⇒ヴォロス線

スキアトス島⇒ヴォロス線は、スポラデス諸島とギリシャを結ぶフェリーのルートです。現在ダイレクトフェリーズは、この区間で3社の船会社を取り扱っています。Hellenic Seawaysは最多で週8便のフェリーを運航しています。Anes Ferriesは週5便、Aegean Flying Dolphinsは最多で週3便のフェリーを運航しています。

スキアトス島⇒ヴォロス線では、スポラデス諸島とギリシャの間において合計週16便のフェリーが就航しています。ご希望の出発日・時刻に最も近くお得なフェリーを予約するためにも、3社が運航する全てのオプションを比較してみましょう。

スキアトス島⇒ヴォロスのフェリー会社

スキアトス島⇒ヴォロス線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。スキアトス島⇒ヴォロス線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

スキアトス島とは

スキアトス島(Skiathos)はエーゲ海北西部に浮かぶギリシャ領スポラデス諸島の島で、同国本土のマグニシア県ピリオ半島の西沖、スコペロス島の東に位置しています。島の北部は起伏が激しいため、多くの集落は地形が穏やかな南部および南西部に集中しています。また、中心地で島と同名のスキアトスは北東部に位置しています。

聖母マリアを祀るエヴァンゲリストリア修道院は島で人気の観光名所です。この建物は中心地スキアトスから北に4kmほどにある丘の中腹に位置しています。1794年に造られたいくつかの建物は廃墟と化したものの、教会部分と宿舎部分は修復されています。

スキアトス島は本土のテッサロニキや、スポラデス諸島の他の島々、キクラデス諸島、クレタ島と従来型フェリーや高速フェリーで結ばれています。

ヴォロスとは

ヴォロス(Volos)はギリシャの比較的新しい都市です。町自体の歴史は浅いものの、市内や周辺地域ではバルカン半島に人々が入植した初期の遺跡が残っています。19世紀に築かれたこの町は、1955年の地震で壊滅的な被害を受けた後に再建されたため、ギリシャの中でも近代的な建物がかなり多い都市です。多くのレストラン、カフェ、バーの並ぶ町の海岸地区は、市民・観光客を問わず人気の観光スポットとなっています。ヴォロス考古学博物館は青銅器時代に至るまでの歴史的な遺物が所蔵されている人気の観光スポットです。また、市庁舎内の市立博物館では、ギリシャ人の芸術家による近代の作品を見学できます。遊歩道の端に位置する聖コンスタンティヌとヘレナ教会はユニークな外観が特徴の建物で、一見の価値があります。さらに、町の近隣にはミケーネ文明の遺跡が二つ存在します。ディミニは小規模ですが、遺跡の多くが出土しています。一方、セスクロは規模が大きく眺めが美しいものの、いまだ発掘中の段階にあります。