スキアトス島⇒アイオス・コンスタンティノス線

スキアトス島⇒アイオス・コンスタンティノス線はスポラデス諸島とギリシャを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはAnes Ferriesのみです。

こちらは週4便まで、約4時間の所要時間で運航されています。

スキアトス島⇒アイオス・コンスタンティノス線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

スキアトス島⇒アイオス・コンスタンティノスのフェリー会社

スキアトス島⇒アイオス・コンスタンティノス線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。スキアトス島⇒アイオス・コンスタンティノス線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

スキアトス島とは

スキアトス島(Skiathos)はエーゲ海北西部に浮かぶギリシャ領スポラデス諸島の島で、同国本土のマグニシア県ピリオ半島の西沖、スコペロス島の東に位置しています。島の北部は起伏が激しいため、多くの集落は地形が穏やかな南部および南西部に集中しています。また、中心地で島と同名のスキアトスは北東部に位置しています。

聖母マリアを祀るエヴァンゲリストリア修道院は島で人気の観光名所です。この建物は中心地スキアトスから北に4kmほどにある丘の中腹に位置しています。1794年に造られたいくつかの建物は廃墟と化したものの、教会部分と宿舎部分は修復されています。

スキアトス島は本土のテッサロニキや、スポラデス諸島の他の島々、キクラデス諸島、クレタ島と従来型フェリーや高速フェリーで結ばれています。

アイオス・コンスタンティノスとは

アイオス・コンスタンティノス(Agios Konstantinos)は、ギリシャ共和国フティオティダ県の町です。この地方はエーゲ海に続くマリワク湾の北部と南部に寄り添っており、スペルキオス川が流れる北部やキフィソス川の上流である南部にまで広がっています。また、北東のオトルス山、西のティムフリストス山、南西のバルドーシア山、南のイティ山、南東のカリドロモ山など複数の山々も存在します。

古代のフティオティダ地方は現在のフティオティダ県の北部と、マグニシア県の南部を占めていました。また、県の南東部には古代のロクリス、南西部はマリスとアイニスが位置していました。

アイオス・コンスタンティノスの港は、スポラデス諸島のスキアトス島、スコペロス島、アロニソス島と定期運航のフェリーで結ばれています。