ラングナス⇒カペルシャー線

ラングナス⇒カペルシャー線は、現在2社の船会社が運航しているオーランド諸島とスウェーデンを結ぶフェリーです。Tallink Siljaのフェリーは最多で週7便、約7時間30分で運航されています。一方Finnlinesは最多で週15便、最短ルートでは3時間でフェリーを運航しています。

ラングナス⇒カペルシャー線は、合計で週22便がオーランド諸島とスウェーデンの間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

ラングナス⇒カペルシャーのフェリー会社

ラングナス⇒カペルシャー線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ラングナス⇒カペルシャー線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

ラングナスとは

ラングナス(Langnas)はルンパルランド地方東部に位置するフィンランドの港町です。この町には1720年代より歴史の続く、聖アンドレを祀る地域最古の教会があることで知られています。1960年代には建築家Bengt Lundstenが設計した町の新しいフェリーターミナルが建設されたものの、1965年~1975年の間は閉鎖され、その後1993年に完全に撤去されました。また、1999年にはストックホルム – トゥルクを航行する大型クルーズフェリーを受け入れるため、新しいターミナルが建設されました。このターミナルはマリエハムンに代わる港としても使用されています。

ラングナス港からはストックホルムやトゥルクへ渡航できます。車両のチェックインはストックホルム行きの場合、出発時刻の30分前、トゥルク行きの場合は1時間前に始まります。

カペルシャーとは

カペルシャー(Kapellskar)はスウェーデン・ストックホルムの北90kmにあるバルト海に面した町です。この町には、ストックホルム県内で最北端の港があり、フィンランド、ノルウェー、ロシア、バルト海諸国への重要な玄関口として機能しています。

カペルシャーはスウェーデン東部に位置しています。この町が属するノールテリエ市は、1971年に周辺地域との合併により誕生したストックホルム県最大で最北端の地域で、夏の別荘が多くあることで知られています。また、ストックホルム群島に近いことから、ストックホルムの人々や観光客に人気のリゾート地となっています。

カペルシャーの港はフィンランド、エストニア、オーランド諸島と結ばれており、マリエハムン、ナーンタリ、パルディスキ行きの連絡船が出発しています。なお、乗船手続きは出発時刻の1時間前までに済ませてください。