フィンランド

フィンランド⇒オーランド諸島のフェリー予約方法

フィンランドとオーランド諸島の間には4本のルートが存在し、合計で週49便の運航が行われています。Tallink Siljaは3本のルート、トゥルク⇒ラングナス線を週10便、ヘルシンキ⇒マリエハムン線を週1便とトゥルク⇒マリエハムン線を週7便。Viking Lineは3本のルート、トゥルク⇒ラングナス線を週7便、ヘルシンキ⇒マリエハムン線を週3便とトゥルク⇒マリエハムン線を週7便。Finnlinesは1本のルート、ナーンタリ⇒ラングナス線を週14便運航しています。

ルートによっては、便数や所要時間が変化することがあります。念のため、検索機能を利用してフィンランド⇒オーランド諸島線に関する最新の運航情報をご確認ください。

フィンランドからオーランド諸島への航路図

クリックして地図を見る

フィンランド⇒オーランド諸島のフェリー

フィンランドとは:

フィンランドは「森と湖の国」と呼ばれる北欧の国です。また、日本から一番近いヨーロッパの国としても知られ、おしゃれなカフェや北欧デザイン等、一度は絶対訪れたい国の一つです。

一年を通して美しい自然を満喫できるフィンランドは、どの季節に訪れても、素晴らしい思い出を作ることができるでしょう。冬にはスキーリゾートで遊んだり、夏には活気ある都市部でフェスティバルに参加するなど、あらゆるタイプの旅行を楽しめます。

フィンランドの見どころは、地上の自然だけではありません。そう、夜空に広がるオーロラも魅力の一つです。

森や湖を散策して、フィンランドの爽やかな空気を満喫した後は、サウナでゆっくりと休息しませんか?フィンランドはサウナ発祥の地であり、200万以上のサウナが存在するそうです。

フィンランドでは、フェリーが人気の交通機関として活躍しています。船舶がとても豪華なことでも知られるフィンランドのフェリー。エストニアやスェーデン等の周辺諸国やヨーロッパ大陸への便利な玄関口でもあり、航路がとても充実しています。

オーランド諸島とは:

オーランド諸島はバルト海に浮かぶフィンランドの自治領で、ストックホルムとヘルシンキの間、北欧の中央に位置するスウェーデン語圏の島々です。

約6,700の島々で構成されるオーランド諸島には、スウェーデン、フィンランド、ロシアの融合した興味深い文化が存在します。また、諸島の90%の人々は「Fasta Åland」と呼ばれる主要島に居住しています。最大の街はマリエハムンで、この島にはゴドビー(Godby)やエケロ(Eckerö)などの小規模なコミュニティも存在します。

フィンランドやスウェーデンから飛行機でオーランド諸島を訪れることもできますが、船旅の場合、スウェーデン、フィンランド、オーランド諸島の素晴らしい眺めを楽しむことができるため、多くの人々がフェリーを愛好しています。この地域のフェリーは大抵の場合、とても豪華な船舶が利用され、地域間の移動というよりもクルーズに近い感覚で乗船することができます。