トゥルク⇒ラングナス線

トゥルク⇒ラングナス線は、現在2社の船会社が運航しているフィンランドとオーランド諸島を結ぶフェリーです。Tallink Siljaのフェリーは最多で週7便、約4時間25分で運航されています。一方Viking Lineは最多で週7便、最短ルートでは4時間10分でフェリーを運航しています。

トゥルク⇒ラングナス線は、合計で週14便がフィンランドとオーランド諸島の間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

トゥルク⇒ラングナスのフェリー会社

  • Tallink Silja
    • 週7便の運航 4時間25分
    • 料金を見る
  • Viking Line
    • 週7便の運航 4時間10分
    • 料金を見る

トゥルク⇒ラングナス線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。トゥルク⇒ラングナス線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

トゥルクとは

トゥルク(Turku)はアウラ川の河口に位置するフィンランド南西沿岸の都市で、13世紀から歴史が続く同国最古の町としても知られています。1809年から1812年までフィンランド初の首都であったトゥルクは、1840年代まで同国最大の人口を誇る重要な都市でした。現在のトゥルクは以前ほど大きな影響はないものの、南西スオミ県の県庁所在地であり、北欧の商業や文化において重要な地点として知られています。また、トゥルクは歴史上の様々な出来事が起きた町であり、フィンランド史に多大な影響を与えた場所としても知られています。さらに、トゥルクは1996年はフィンランドのクリスマス都市に制定され、2011年にはエストニアの首都タリンと共に欧州文化都市に選ばれました。

トゥルクには立地を活かした重要な商業・旅客港があり、毎年300万人以上の乗客がこの港を通じてストックホルムやマリエハムンへ向かっています。

ラングナスとは

ラングナス(Langnas)はフィンランド自治領オーランド諸島のルンパルランド東部に位置する町です。1960年代、この町にはシリアライン社によってフェリーターミナルが建設されました。このターミナルは1993年に閉鎖された後、撤去されたものの、1999年に新しいターミナルが設置されました。この新ターミナルは、ストックホルムからトゥルクへ向けて運航される大型クルーズフェリーを受け入れるために造られました。また、同じくオーランド諸島発着のマリエハムン港の代わりとしても利用されています。ラングナスには、人気の観光名所である地域最古の教会「ルンパルランド教会」(Lumparlands Kapellkyrka)が存在します。聖アンデレを祀るこの教会は、1720年代に造られました。

ラングナスの港からは、フェリーでストックホルムやトゥルクを訪れることができます。車と一緒に乗船される場合のチェックイン開始時刻は、それぞれストックホルム行きが出発時刻の30分前、トゥルク行きが1時間前になります。