コルフ島⇒バーリ線

コルフ島⇒バーリ線は、現在2社の船会社が運航しているイオニア諸島とイタリアを結ぶフェリーです。Ventouris Ferriesのフェリーは最多で週6便、約10時間45分で運航されています。一方Anek Superfastは最多で週3便、最短ルートでは8時間でフェリーを運航しています。

コルフ島⇒バーリ線は、合計で週9便がイオニア諸島とイタリアの間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

コルフ島⇒バーリのフェリー会社

  • Ventouris Ferries
    • 週6便の運航 10時間45分
    • 料金を見る
  • Anek Superfast
    • 週3便の運航 8時間
    • 料金を見る

コルフ島⇒バーリ線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。コルフ島⇒バーリ線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

コルフ島とは

コルフ島(Corfu)はイオニア諸島で二番目に大きなギリシャ領の島です。別名ケルキラ島とも呼ばれています。島最大の都市もコルフと呼ばれており、市内にはイオニア大学があります。島は美しいビーチと穏やかな地中海性気候が有名で、旅行者に人気のリゾート地として知られています。コルフ島はギリシャ領の島々と比べると圧倒的に緑の多い島で、暑い夏と冬の雨により草木が豊かに生い茂り、島中を200万本のオリーブの木が覆っています。

コルフ・タウンはベネチア、ナポリ、フランス、イングランドの影響を受けた興味深い地域です。市内には迷路のような細い路地が張り巡らされ、町の端には観光に最適な16世紀の要塞が堂々とそびえ立っています。また、市内を散策すると、古い教会、見事な大邸宅、隠れた庭園などを見つけることができるかもしれません。さらに、リストン通りから少し外れた細道には、あらゆるものが売られている様々な店が並んでいます。この通りには職人が作成した金を使ったギリシャの伝統的なジュエリーも売られており、お土産としても人気です。

コルフ島の港からは主にギリシャ本土へ向かう多数のフェリーが運航されています。

バーリとは

バーリ(Bari)はイタリア共和国プーリア州のアドリア海に面した都市です。観光地としてはあまり知られていないものの、市内にはいくつかの名所があり、周辺地域を巡る際の拠点としてもよく利用されています。アドリア海に突出した岬には、この町の歴史が詰まった旧市街位置し、ヴェッキア・バーリ地区に張り巡らされた迷路のような路地が旅行者を惑わせます。また、海と旧市街の間には11世紀に造られたロマネスク様式のサン・ニコラ教会が建っています。バーリの守護聖人である聖ニコラオスを祀るこの教会には、彼の不朽体が収められています。教会内部には祭壇を見下ろす精巧で美しい石の天蓋や、大理石でできた11世紀の司教座(カテドラ・ディ・エリア)などの見どころがあります。

バーリの港は、ドゥラス、バール、ドゥブロニク、イグメニツァ、ケファロニア島のサミ、コルフ島、パトラ、ザキントス島とフェリーで結ばれています。