シェルブール⇒ダブリン線

シェルブール⇒ダブリン線はフランスとアイルランドを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはIrish Ferriesのみです。

こちらは週3便まで、約18時間15分の所要時間で運航されています。

シェルブール⇒ダブリン線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

シェルブール⇒ダブリンのフェリー会社

シェルブール⇒ダブリン線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。シェルブール⇒ダブリン線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

シェルブールとは

フランス北西部の都市シェルブール(Cherbourg)はコンタン半島の先端に位置する港町です。この町は9世紀にヴァイキングが侵攻した結果、コンタン半島の港として発展し、以来長い歴史が続いています。また、イギリス海軍の攻撃を防ぐため、ナポレオン1世によってさらなる要塞化が行われました。この工事は1784年にはじまったものの、ナポレオンがワーテルローの戦いに敗北してから長い年月を経て1850年に完成しました。

市内には、海運史に特化したシェルブール海洋博物館(Cite de la Mer)をはじめ、多くの観光スポットが存在します。2002年にオープンしたこの博物館は、クルーズ船用のターミナルに位置しています。また、the Parc de la Fauconniereという公園の中には民営の植物園(Jardin de la Roche Fauconniere)があります。1870年代に造られたこの庭園では主に南半球に由来する3,400種類ほどの植物を見学することができます。

ダブリンとは

ダブリン(Dublin)はアイルランド・レンスター地方の北東部に位置する都市で、市内にはリフィー川が流れています。同国の首都であるダブリンは、毎年、数百万人の旅行客を引きつける大規模な観光地として知られています。1204年にノルマン人が築いたダブリン城は、町を代表する人気の観光名所です。また、他にもマンションハウス、アナ・リヴィア記念碑、モリー・マローンの銅像、クライストチャーチ大聖堂、聖パトリック大聖堂、カスタムハウス、聖フランシスコ・ザビエル教会など、様々な見どころがあります。

ダブリンの港はリフィー側の両岸に位置しています。北側にはアレクサンダー埠頭からイーストウォールとノースウォールにかけて広がる主要港があります。また、南側には小さな港の設備がピジョンハウス半島の先端を占めています。ダブリン港はイングランドのリバプール、ウェールズのホリーヘッド、マン島のダグラス、フランスのシェルブールとフェリーで結ばれています。