アルヘシラス⇒セウタ線

アルヘシラス⇒セウタ線は、スペインとスペインを結ぶフェリーのルートです。現在ダイレクトフェリーズは、この区間で3社の船会社を取り扱っています。Baleariaは最多で日10便のフェリーを運航しています。Trasmediterraneaは日6便、FRSは最多で日6便のフェリーを運航しています。

アルヘシラス⇒セウタ線では、スペインとスペインの間において合計日22便のフェリーが就航しています。ご希望の出発日・時刻に最も近くお得なフェリーを予約するためにも、3社が運航する全てのオプションを比較してみましょう。

アルヘシラス⇒セウタのフェリー会社

  • Balearia
    • 1日10便の運航 1時間
    • 料金を見る
  • Trasmediterranea
    • 1日6便の運航 1時間
    • 料金を見る
  • FRS
    • 1日6便の運航 1時間
    • 料金を見る

アルヘシラス⇒セウタ線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。アルヘシラス⇒セウタ線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

アルヘシラスとは

アルヘシラス(Algeciras)はスペイン南部の港町で、ジブラルタル湾周辺で最大の都市です。
アルヘシラスは地域の交通拠点や工業の中心であり、町の重要な産業はスペイン、カナリア諸島、タンジェ、モロッコのその他の港の船積み地点である港に関連しています。同市は穀物、タバコ、家畜など、周辺地域で収穫された様々な特産品を輸出しており、漁業も盛んです。この町には強い個性があり、他の観光地に比べ景観の美しさは若干劣るものの、他の海岸リゾートにはない本物の港町の雰囲気に包まれています。

アルヘシラス港はコンテナ、貨物、積み替えの三部門においてヨーロッパや世界で最大の港の一つです。港はタリファの北東から約20kmの地点、イベリア半島を流れる川Río de la Mielの河口部(ヨーロッパ大陸の最南端)に位置しています。また、同港は世界で16番目に交通量の多い港で、多数の船が出入りしているにも関わらず、港でクジラやイルカが時折り泳いでいることでも知られています。

セウタとは

セウタ(Ceuta)は北アフリカに位置するスペインの飛地領の一つです(もう一つはメリリャ)。セウタは1415年にポルトガル王国領となる以前も複数の支配者の統治下にあり、1580年以降はスペインの自治領となりました。市内で人気の観光名所は城壁や地中海海洋公園などです。また、ウォータースポーツ愛好者の方は、ぜひセウタの海岸を訪れてみましょう。カヤックを漕いでみたり、ウミガメ、クジラ、イルカ観察のボートツアーに参加することができます。また、大西洋と地中海が出合うこの海は動植物が豊富なため、スキューバダイビングも盛んに行われています。

セウタの港からは、スペイン本土へ向かうフェリーに乗船できます。