アル・ホセイマ⇒モトリル線

アル・ホセイマ⇒モトリル線はモロッコとスペインを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはNaviera Armasのみです。

こちらは週2便まで、約5時間の所要時間で運航されています。

アル・ホセイマ⇒モトリル線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

アル・ホセイマ⇒モトリルのフェリー会社

アル・ホセイマ⇒モトリル線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。アル・ホセイマ⇒モトリル線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

アル・ホセイマとは

アル・ホセイマ(Al Hoceima)はモロッコ北部のタザ=アル・ホセイマ=タウナート地方の州都で、リーフ山地の北端に位置した地中海の都市です。この町は二つの入り江(一つはPlage Quemadoビーチ、もう一つは商業港)を見下ろす形で高い崖の上に建っています。町のムハンマド5世通りはColegio Español(英: Spanish College)の位置する端から、反対側のPlace du Rifまで伸びており、周囲には多くの銀行、ホテル、レストランなどが並んでいます。お手頃なオプションは大抵Place du Rif周辺に集中しており、迷わず簡単に散策できる平坦で格子状の広い道が町中に広がっています。

アル・ホセイマの港は商船を受け入れていないものの、町の観光にとって非常に重要な地元の漁船の多くに利用されており、いつもフェリーや観光客で溢れています。また、観光客はボートを借りて遠出や釣りができます。アル・ホセイマ湾には透明で青く美しい海が広がっており、湾の周辺を泳ぐイルカなどをたびたび目撃できるため、多くの旅行者がボートでイルカウォッチングに出かけています。

モトリルとは

モトリル(Motril)は、スペイン南部グレナダ州のシエラネバダ山脈と地中海の間にある都市です。この町はマラガから約100km、セビリアから車で3時間、マドリードから車で5時間の距離に位置しています。モトリルには重要な商業港や190隻のヨットが停泊するマリーナがあります。また、1600年に起源を持つモトリルの聖週間は、スペイン国際観光行事に指定されています。

温暖な気候や穏やかな海が魅力のモトリルは、特のウォータースポーツ好きに人気のリゾート地です。また、周囲の海には海洋生物が豊富なため、ダイビングも盛んに行われています。

モトリルの美しいマリーナには、ウォータースポーツの設備やボートツアーが充実しています。この港は対岸のメリリャ、アル・ホセイマ、ナドルとフェリーで結ばれています。