ヴロラ⇒ブリンディジ線

ヴロラ⇒ブリンディジ線は、アルバニアとイタリアを結ぶフェリーのルートです。現在ダイレクトフェリーズは、この区間で4社の船会社を取り扱っています。European Seawaysは最多で週7便のフェリーを運航しています。Red Star Ferriesは週6便、European Ferriesは週7便、A-Ships Management S.Aは最多で週7便のフェリーを運航しています。

ヴロラ⇒ブリンディジ線では、アルバニアとイタリアの間において合計週27便のフェリーが就航しています。ご希望の出発日・時刻に最も近くお得なフェリーを予約するためにも、4社が運航する全てのオプションを比較してみましょう。

ヴロラ⇒ブリンディジのフェリー会社

ヴロラ⇒ブリンディジ線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ヴロラ⇒ブリンディジ線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

ヴロラとは

ヴロラ(Vlora)はアルバニア第二の湾岸都市で、アドリア海に面した入り江部分に位置し、周囲を山々に囲まれています。町にはイタリアのサレント半島からたった130kmに位置するバーリに最も近い港が存在します。また、対岸にはヴロラ湾に浮かぶサザン島があり、周囲を畑やオリーブの木々などの緑に囲まれています。町の旧名称ヴァロナは近くの森林から穫れる殻斗果(ヴァロニア)に由来しています。この町は紀元前6世紀にギリシャ人の植民地として築かれたことに起源を発し、近年は市が観光開発に力を入れているため、パブ、バー、ナイトクラブ、レストランなどが次々と誕生しています。特に中心部からおよそ3km先のUji I Ftohte(冷たい水の意)のビーチが人気です。

ブロラとイタリアのブリンディジの間にはフェリーが週三回運航されています。また、およそ5時間の所要時間で目的地へ到着します。

ブリンディジとは

ブリンディジ(Brindisi)はイタリア共和国プーリア州のアドリア海に面した港町です。アドリア海沿いの他の町と同様、ブリンディジの歴史もアドリア海東部の国々と強い結びつきがあります。町にはイタリアで最も重要な港の一つである天然港が位置し、現在でも、ギリシアやバルカン半島とフェリーで結ばれています。この港は古代ギリシャから中世まで他の様々な目的で利用されていました。神聖ローマ帝国フリードリヒ2世が建てたスヴェーヴォ城は町の見どころとして知られています。また、15世紀にナポリ王フェルディナンド1世が港の向かいに建てたアラゴン城も興味深い観光名所です。

ブリンディジの港はフェリーでギリシャのパクシ島、コルフ島、イグメニツァ、ザキントス島、パトラ島、アルバニアのドゥラスやブロラと結ばれています。