トラーヴェミュンデ⇒クライペダ線

トラーヴェミュンデ⇒クライペダ線はドイツとリトアニアを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはTT Lineのみです。

こちらは週6便まで、約28時間40分の所要時間で運航されています。

トラーヴェミュンデ⇒クライペダ線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

トラーヴェミュンデ⇒クライペダのフェリー会社

トラーヴェミュンデとは

トラーヴェミュンデ(Travemunde)は、ドイツのリューベック湾に面したトラヴェ川河口に位置する町です。この町はザクセン公ハインリヒ3世が12世紀にトラヴェ川を守る要塞を築いたことに起源を発し、デーン人が入植した後、1317年に町となりました。町は19世紀初頭から海水浴場などのリゾート地として発展し、現在はバルト海に面したドイツ最大のフェリー港があります。町で人気の観光名所は、バルト海沿岸に位置するドイツ最古の灯台(16世紀)や、トラヴェ川河口に停泊する記念艦Passatなどです。また、自動車・トラック・バスなどのモーター付き車両は、町の主要道路と海岸沿いの道路Vorderreiheの通行を禁止されています。町へ向かう際はは鉄道駅を経由するバスを利用できます。また、市内には細い道が多いため、徒歩や自転車での移動がおすすめです。

トラーヴェミュンデの港からは、スウェーデン、フィンランド、ロシア、ラトビア、エストニアを訪れることができます。

クライペダとは

クライペダはリトアニア唯一の湾岸都市です。町の歴史や経済は海運業と深く関連しています。シーフェスティバル、二年に一度開催のトールシップ・レガッタ、海洋博物館は観光客に人気です。また、市内にはクライペダ大学や、主要な海運会社が拠点があります。この港町は1252年にドイツ騎士団によって創建されました。ドイツの支配下であったため、リトアニアのその他の地域と異なる雰囲気が魅力です。当時はメーメルと呼ばれており、リトアニア語の名称クライペダは16世紀に初めて記録されています。

クライペダは風の強い地域で、4~9月は海風、秋と冬には疾風が吹き付けます。また、冬季には雪が降ることも多いですが、港は不凍港として常に機能しています。

クライペダの南西部には、ドイツのキールやスウェーデンのカールスハムンと結ばれたフェリー港があります。