トラーパニ⇒パンテレリア線

トラーパニ⇒パンテレリア線はシチリア島とパンテレリア島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはLiberty Lines Fast Ferriesのみです。

こちらは週6便まで、約2時間10分の所要時間で運航されています。

トラーパニ⇒パンテレリア線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

トラーパニ⇒パンテレリアのフェリー会社

トラーパニ⇒パンテレリア線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。トラーパニ⇒パンテレリア線では車と乗船者1名が一番多く予約されています。

トラーパニとは

トラーパニ(Trapani)はイタリア領シチリア島の都市およびトラーパニ県の県都です。この町はエリミ人の集落であった時代から続く歴史を持ち、現在は重要な漁港およびエーガディ諸島への玄関口として機能しています。市内で人気の観光名所は大聖堂をはじめとした教会などの建物です。14世紀に造られた聖ロレンツォ大聖堂はビザンチン様式に改修された美しい教会です。また、市内のプルガトリオ教会も人気の観光名所として知られています。この教会に保存される20の彫像はミステリと呼ばれ、イースターの聖金曜日にはローブを着た市民により町中へ担がれて運ばれます。

トラーパニの中心部から少し離れた場所には山頂の中世都市エーリチェや、名産のワインで有名なマルサーラ、古代ギリシャの遺跡セリヌンテが位置しています。また、エーガディ諸島はトラーパニから30分の距離にあるため、島でのんびり過ごしたり、日光浴、水泳、スキューバダイビングに興味のある方はぜひチェックしてみましょう。

トラパーニの港は、エーガディ諸島以外にも、ナポリ、パンテレリア島、サルデーニャ島のカリアリ、チュニジアなどへフェリーで渡航できます。

パンテレリアとは

パンテレリア島(Pantelleria)はシチリア州最西端にあるイタリア領の島で、実際は欧州よりもアフリカ沿岸部に近く位置しています。この島は火山性であることから「地中海の黒真珠」と呼ばれています。パンテレリアの名称はアラビア語の「風の娘」という言葉が起源となっています。この島はシチリア州の中でもシチリア島に次いで大きいため、8世紀にアラブ人がシチリアを征服した際の重要な拠点となりました。パンテレリア島は50kmほどの岩がちな海岸線や火山など、大自然の魅力を感じる素晴らしい旅行先です。また、島内にはシチリア特有のDammusiというドーム型の屋根を持つ溶岩石でできた家屋が点在しています。家の基礎となる厚い岩石は、夏に冷気を室内に貯めることができ、冬は保温する役割を果たしています。

パンテレリア島はシチリア島のトラーパニとフェリーで結ばれています。車両を伴う場合は、こちらの船を利用しましょう。また、この島は水中翼船(旅客のみ)で同じくトラーパニやマツァーラ・デル・ヴァッロとも結ばれています。