ティノス島⇒ラフィーナ線

ティノス島⇒ラフィーナ線は、キクラデス諸島とアテネを結ぶフェリーのルートです。現在ダイレクトフェリーズは、この区間で3社の船会社を取り扱っています。Cyclades Fast Ferriesは最多で日3便のフェリーを運航しています。SeaJetsは日3便、Golden Star Ferriesは最多で日3便のフェリーを運航しています。

ティノス島⇒ラフィーナ線では、キクラデス諸島とアテネの間において合計週63便のフェリーが就航しています。ご希望の出発日・時刻に最も近くお得なフェリーを予約するためにも、3社が運航する全てのオプションを比較してみましょう。

ティノス島⇒ラフィーナのフェリー会社

ティノス島⇒ラフィーナ線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ティノス島⇒ラフィーナ線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

ティノス島とは

ティノス島(Tinos)は、エーゲ海に浮かぶギリシャ領キクラデス諸島の島で、アンドロス島、デロス島、ミコノス島の近隣に位置しています。古代にはオフィウサ島やヒュドロエサ島と呼ばれたこの島には、ギリシャで最も壮麗な教会の一つ「パナギア・エヴァンゲリストリア聖堂」があります。この教会は、19世紀初頭に修道女ぺラギアが聖母マリアのイコンを発見した場所に造られた伝統的な様式の建築物です。2階建てで、内部はたくさんのアーチで飾られ、中庭には小さな建物群があります。また、Kechrovouniにも人気の観光名所である修道院があります。この教会は、三姉妹が聖母マリアから修道院を建てるよう神託を受けた場所に造られました。

ティノス島は本土ピレウスやラフィーナ、アンドロス島、シロス島、ミコノス島や、その他キクラデス諸島の島々を訪れることができます。

ラフィーナとは

ラフィーナ(Rafina)はギリシャ・アッティカ地方の東沿岸部にある港町です。アルテミダやネア・マクリに隣接したラフィーナは、首都アテネからも西に25kmと比較的近く、アテネ在住の人々にとっての人気の出かけ先として知られています。ラフィーナの港周辺には美味しい魚料理のレストランが集中しており、とれたての魚が店先に並んでいます。

古代にアラフィニドン・アロンという名称で呼ばれていたラフィーナは、先史時代まで歴史を遡ることができます。ラフィーナの南部にあるアスキタリオでは、紀元前2800年頃のものと考えられる犬の描かれた個性的な壺が発見されています。また、紀元前1800年頃に造られた、ヨーロッパ最古の部類に入る青銅鋳物工場が、町の港の近くで見つかっています。

ラフィーナ港はピレウスに次ぐアッティカ地方第二の港です。この港からは、フェリーでエヴィア島の南部やキクラデス諸島の島々を訪れることができます。