タリン⇒ヘルシンキ線

タリン⇒ヘルシンキ線は、エストニアとフィンランドを結ぶフェリーのルートです。現在ダイレクトフェリーズは、この区間で3社の船会社を取り扱っています。Tallink Siljaは最多で日6便のフェリーを運航しています。Viking Lineは日3便、Eckerö Lineは最多で日3便のフェリーを運航しています。

タリン⇒ヘルシンキ線では、エストニアとフィンランドの間において合計日12便のフェリーが就航しています。ご希望の出発日・時刻に最も近くお得なフェリーを予約するためにも、3社が運航する全てのオプションを比較してみましょう。

タリン⇒ヘルシンキのフェリー会社

  • Tallink Silja
    • 1日6便の運航 2時間
    • 料金を見る
  • Viking Line
    • 1日3便の運航 2時間15分
    • 料金を見る
  • Eckerö Line
    • 1日3便の運航 2時間15分
    • 料金を見る

タリン⇒ヘルシンキ線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。タリン⇒ヘルシンキ線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

タリンとは

タリン(Tallinn)はエストニアの都市で、同国の北沿岸部のフィンランド湾に面した場所、ヘルシンキ南部より80km、ストックホルムの東、サンクトペテルブルクの西に位置しています。タリンの旧市街はユネスコ世界遺産に登録されており、2011年にはフィンランドのトゥルクと共に欧州文化首都に選ばれました。タリンはエストニアの金融や商業の中心地で、経済的自由、自由主義的な経済政策、多様な経済(特にIT、観光、物流業が盛ん)の恩恵を享受しています。

タリンの港は、歴史的に東西の商業航路の中継地点として知られています。この港からはフィンランドやスウェーデンへフェリーで向かうことができます。毎年600万人もの乗客を迎えているタリンの旅客ターミナルには、コーヒーショップ、複数の売店、快適な出発ラウンジが用意されています。また、クルーズ船と旅客フェリー両方がこの港を利用しており、夏季には高速フェリーも停泊します。タリンとストックホルム、ヘルシンキの間には毎日フェリーの運航があり、ロシアのサンクトペテルブルクには週二便の船で渡航することができます。

ヘルシンキとは

ヘルシンキ(Helsinki)はフィンランド共和国の首都で、同国南部のフィンランド湾に面した場所に位置しています。小さな都市であるヘルシンキは、町中を徒歩で散策することが可能です。町はフィンランドのデザイン、建築、文化、ショッピングの中心地であり、大きな公園、森林、湖、ビーチや多数の島々などの美しい自然を楽しむこともできます。ヘルシンキにはフィンランド最大の歴史博物館「フィンランド国立博物館」があり、先史時代から21世紀までのあらゆる歴史的遺産が収められています。博物館の建築はフィンランドロマン主義の中世の城をモチーフにしており、建物自体が観光名所でもあります。また、その他の歴史博物館にはヘルシンキ市立博物館があり、町の歴史500年を紹介しています。さらに、ヘルシンキ大学も大学博物館や自然博物館などを含めた多くの博物館を所有しています。

ヘルシンキにはエストニア、スウェーデン、ドイツから定期のフェリーが毎日運航されており、船内には車を持ち込むことが可能です。また、ヘルシンキはロシアやポーランドからもフェリーで訪れることが可能です。