シフィノウイシチェ⇒イースタッド線

シフィノウイシチェ⇒イースタッド線は、現在2社の船会社が運航しているポーランドとスウェーデンを結ぶフェリーです。Polferriesのフェリーは最多で週14便、約6時間30分で運航されています。一方Unity Lineは最多で週14便、最短ルートでは7時間15分でフェリーを運航しています。

シフィノウイシチェ⇒イースタッド線は、合計で週28便がポーランドとスウェーデンの間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

シフィノウイシチェ⇒イースタッドのフェリー会社

シフィノウイシチェ⇒イースタッド線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。シフィノウイシチェ⇒イースタッド線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

シフィノウイシチェとは

シフィノウイシチェ(Swinoujscie)は、ポーランド北西部のバルト海とシチュチェン湾に面した港町で、ウーゼドム島やヴォリン島、カーシボル島などの小さな島々の上に広がっています。シフィノウイシチェの近くにはドイツのリゾート地であるウーゼドム島のアールベックがあり、二つの町は道路や12kmの遊歩道で結ばれています。

シフィノウイシチェには、旧市庁舎に位置する海洋漁業博物館など様々な観光名所が存在します。この博物館では漁業の歴史や古い航法装置、海洋動物、町や周辺地域の歴史を学ぶことができます。また、ローマのサンタンジェロ城のレプリカである、1845~1858年に造られた天使の要塞も見どころの一つです。また、1843~1863年に建築された西の要塞では、コンサートや展示会が行われています。この要塞は過去に複数回修繕されており、1962年の第二次世界大戦時はロシア赤軍の拠点として利用されました。

シフィノウイシチェにはポーランド最大で最も近代的なフェリーターミナルが存在します。この港からはデンマークやスウェーデンへ定期船が運航されています。

イースタッドとは

イースタッド(Ystad)はマルメの南西60kmにあるスウェーデンの港町で、人気の観光地として知られています。観光名所の多くはStora ÖstergatanとStora Norregatansの通りに集中しています。中でも17世紀に建てられたÄnglahuset(天使の家)は多数の人々が訪れ写真に収めています。また、町の美しい砂浜、広場に面する聖マリア教会、デンマーク芸術の素晴らしい作品を所蔵するイースタッド美術館も人気の観光スポットです。町の観光案内所は美術館の隣にあります。

作家ヘニング・マンケルによる推理小説の主人公クルト・ヴァランダー警部は、イースタッドを中心に活躍しています。歴史的建造物を含めた様々な場所を巡るヴァランダーガイドツアーは、小説のファンのみならずあらゆる人におすすめです。ツアーへ参加しない場合は、聖カヌート広場、12世紀の修道院、隣の聖ペトリ教会、博物館などを訪れてみましょう。