シティア⇒イラクリオン線

シティア⇒イラクリオン線はクレタ島とクレタ島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはAnek Linesのみです。

こちらは週2便まで、約3時間の所要時間で運航されています。

シティア⇒イラクリオン線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

シティア⇒イラクリオンのフェリー会社

シティア⇒イラクリオン線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。シティア⇒イラクリオン線では車と乗船者1名が一番多く予約されています。

シティアとは

シティア(Sitia)は、エーゲ海に浮かぶギリシャ領クレタ島の港町で、アイオス・ニコラオスの東、レラペトラの北東に位置しています。この町は観光開発が進んでおらず、旅行で訪れる人は少ないものの、長い歴史を持ちミノア文明の時代から存在する集落として知られています。また、近隣のペトラスでは、発掘により新石器時代から青銅器時代(紀元前3000~1050年)頃の古代集落が発見されており、イタノスやモクロスでもミノア文明の遺物が発掘されています。ペトラスにはかつて地中海東部で活動するベネチアの人々の基地として利用されていました。しかし、この場所は1508年の地震や、1538の海賊襲来、1651年のベネチア帝国の攻撃により崩壊しました。
シティアの港はクレタ島中央部や、他のギリシャの島々、本土のピレウスとフェリーで結ばれています。また、この町には小さな漁船やヨットが停泊する小さなマリーナも存在します。

イラクリオンとは

イラクリオン(Heraklion)はギリシャ領クレタ島最大の都市で、ギリシャを代表する都心の一つです。この町の開発は9世紀から建設が始まり、イスラム勢力、ベネチア、オスマン帝国に支配され、その時代にはカンディアと呼ばれていました。また、2004年のオリンピックでは、サッカーの試合の一部がイラクリオンで行われました。町の観光名所の一つは、旧市街にある要塞の城壁です。要塞は当初アラブ人によって築かれ、15世紀にベネチア人により強化されました。また、7つの稜堡のうち、1つだけ(Martinengo bastion)が現在まで残っており、名高い小説家ニコス・カザンザキスの墓石が町を見晴らせる位置に建てられています。

イラクリオンの旧港は、新しい港に隣接しており、かつての船の建造所を見ることができます。ベネチア風のこの港の西部は16世紀のKoules要塞が占めています。イラクリオン港は旅客船や貨物船にとって重要な地点であり、旅行者はイラクリオンからフェリーや小型船でサントリーニ島、イオス島、パロス島、ミコノス島、ロドス島へ渡航することができます。また、ギリシャ本土、アテネ近郊のピレウス港へも毎日フェリーが数回運航されています。