サランダ⇒コルフ島線

サランダ⇒コルフ島線は、アルバニアとイオニア諸島を結ぶフェリーのルートです。現在ダイレクトフェリーズは、この区間で5社の船会社を取り扱っています。Sarris Cruises & Linesは最多で日3便のフェリーを運航しています。Joy Lines Fast Ferryは週18便、Finikas Linesは日6便、Ionian Seawaysは日3便、Joy Linesは最多で日3便のフェリーを運航しています。

サランダ⇒コルフ島線では、アルバニアとイオニア諸島の間において合計日18便のフェリーが就航しています。ご希望の出発日・時刻に最も近くお得なフェリーを予約するためにも、5社が運航する全てのオプションを比較してみましょう。

サランダ⇒コルフ島のフェリー会社

サランダ⇒コルフ島線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。サランダ⇒コルフ島線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

コルフ島とは

コルフ島(Corfu)はギリシャ領の島で、ギリシャ本土沖からすぐの地点に位置しています。地中海性気候と美しいビーチに恵まれたこの島は、同国有数のリゾート地として高い人気を誇ります。緑の多いコルフ島の気候は、暑く乾燥した夏と雨の多い冬が特徴です。冬季に降る雨は植物の育成を促すため、オリーブの木200万本をはじめとした様々な植物を島内で見かけます。ギリシャの他の地域と異なり、コルフ島はオスマン帝国の支配を受けていません。とはいえ、ベネチア共和国、フランス、イギリスに何世紀にも渡り統治された結果、レバントよりも西洋諸国の一部となり、それぞれの国家の面影が色濃く残されています。

ユネスコ世界遺産に登録されたコルフの旧市街は、島を代表する観光地です。美しい町並みが魅力の旧市街には、ルネサンス、バロック、古典主義の見事な建築物が多く位置しています。主な見どころは宮殿、城砦や細い石畳の路地や隠れた広場に並ぶベネチアの公共建築物などです。

コルフ島はギリシャ本土や近郊の島々、およびイタリアのバーリやアンコーナとフェリーで結ばれています。