ロスレア⇒ロスコフ線

ロスレア⇒ロスコフ線はアイルランドとフランスを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはIrish Ferriesのみです。

こちらは週2便まで、約17時間30分の所要時間で運航されています。

ロスレア⇒ロスコフ線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

ロスレア⇒ロスコフのフェリー会社

  • Irish Ferries
    • 週2便の運航 17時間30分
    • 料金を見る

ロスレア⇒ロスコフ線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ロスレア⇒ロスコフ線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

ロスレアとは

ロスレア・ストランド(Rosslare Strand)、通称ロスレアはアイルランド共和国ウェックスフォード州の港町です。この町は北部から続く砂嘴でウェックスフォード・ハーバーから離れてた場所に位置しています。この砂嘴はかつてレイヴン・ポイントにまで達し、ウェックスフォード・ハーバーの湾岸口は小かったものの、1924~1925年の冬に嵐が吹き付けたため、徐々に侵食されていきました。砂嘴の端には廃墟であるロスレア要塞が位置しており、現在残っているのは干潮時に見える小さな島のみです。

アイルランドで最も天候の良い場所として知られるロスレアは、100年以上にわたりリゾート地として人気を博しています。また、町のビーチはブルーフラッグ認証を受けており、日光浴に訪れる人々や、家族連れに評判です。

ロスレアの港からは4時間でペンブロークに、3時間半でフィッシュガードに到着します。また、フランスのシェルブールやロスコフへのフェリーも出ています。近代的なこの港には、レストラン、バー、お子様の遊び場、待合エリアなどの施設が用意されています。

ロスコフとは

ロスコフ(Roscoff)はフランス北西部の海に面した村で、ブルターニュ地方への玄関口です。この村の見どころは海沿いにある歴史的で美しい建物群や、郷土料理を楽しめるレストラン、小さな画廊、ギフトショップなどです。この町はシーフード料理や伝統的なブルターニュ風クレープで知られています。また、町には有名なタラソセラピー施設があるため、海水などを使ったヒーリングやリラクゼーションを楽しむこともできます。ブルターニュ地域圏はフランス北西部の半島を占める地域で、中心地(首府)はレンヌです。また、北はイギリス海峡、南はビスケー湾に面しています。

ロスコフの港は1973年に開港しました。この港からは、フェリーでアイルランドのロスレアやコーク、イングランドのプリマス、スペインのビルバオを訪れることができます。