ロスレア⇒ペンブローク線

ロスレア⇒ペンブローク線はアイルランドとウェールズを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはIrish Ferriesのみです。

こちらは週14便まで、約5時間1分の所要時間で運航されています。

ロスレア⇒ペンブローク線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

ロスレア⇒ペンブロークのフェリー会社

ロスレア⇒ペンブローク線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ロスレア⇒ペンブローク線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

ロスレアとは

ロスレア・ストランド(Rosslare Strand)、通称ロスレアはアイルランド共和国ウェックスフォード州の港町です。この町は北部から続く砂嘴でウェックスフォード・ハーバーから離れてた場所に位置しています。この砂嘴はかつてレイヴン・ポイントにまで達し、ウェックスフォード・ハーバーの湾岸口は小かったものの、1924~1925年の冬に嵐が吹き付けたため、徐々に侵食されていきました。砂嘴の端には廃墟であるロスレア要塞が位置しており、現在残っているのは干潮時に見える小さな島のみです。

アイルランドで最も天候の良い場所として知られるロスレアは、100年以上にわたりリゾート地として人気を博しています。また、町のビーチはブルーフラッグ認証を受けており、日光浴に訪れる人々や、家族連れに評判です。

ロスレアの港からは4時間でペンブロークに、3時間半でフィッシュガードに到着します。また、フランスのシェルブールやロスコフへのフェリーも出ています。近代的なこの港には、レストラン、バー、お子様の遊び場、待合エリアなどの施設が用意されています。

ペンブロークとは

ペンブローク(Pembroke)はウェールズ西部ペンブロークシャー州の町で、南ペンブローク半島にあり、クレダイ川の河口に面しています。この町はハーバーフォードの南13km、カーディフの120km先にある、四方を農地や森林に囲まれた谷底に位置しています。ペンブローク城は人気の観光名所です。この場所はイングランド王ヘンリー7世の誕生地であり、後にイギリスの聖ヨハネ騎士団の拠点となりました。

ペンブロークシャー州には、三ヵ所あるウェールズの国立公園のうち、ペンブロークシャー海岸国立公園があります(その他はスノードニア国立公園とブレコン・ビーコンズ国立公園)。また、ペンブロークシャー州にはブルーフラッグ認証などの様々な受賞歴を持つ素晴らしいビーチを誇ります。2013年時点では、うち39ヵ所のビーチが海洋保護協会から推奨されています。

ペンブロークからは、アイルランドのロスレアへ3時間45分のフェリーの旅で渡航できます。