ポルト・エンペードクレ⇒ランペドゥーザ島線

ポルト・エンペードクレ⇒ランペドゥーザ島線は、現在2社の船会社が運航しているシチリア島とペラージェ諸島を結ぶフェリーです。Liberty Lines Fast Ferriesのフェリーは最多で週3便、約4時間15分で運航されています。一方Siremarは最多で週1便、最短ルートでは10時間15分でフェリーを運航しています。

ポルト・エンペードクレ⇒ランペドゥーザ島線は、合計で週4便がシチリア島とペラージェ諸島の間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

ポルト・エンペードクレ⇒ランペドゥーザ島のフェリー会社

ポルト・エンペードクレ⇒ランペドゥーザ島線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ポルト・エンペードクレ⇒ランペドゥーザ島線では車と乗船者1名が一番多く予約されています。

ポルト・エンペードクレとは

ポルト・エンペードクレ(Porto Empedocle)はシチリア島の海沿いの町で、長い間アグリジェントの港町の役割を果たしています。細い路地が張り巡らされた町の歴史地区には、大聖堂を含めた複数の観光名所があります。また、町から少し離れた場所には「神殿の谷」の遺跡と博物館が位置しています。この町の経済は主に農業、鉄鋼業、医薬品産業、岩塩精製などにより支えられています。

この町は2003年に正式名をポルト・エンペードクレ・ヴィガタに改めました。この名称は、同市出身の有名なイタリア人作家アンドレア・カミッレーリのモンタルバーノ警部シリーズに登場する架空の町に由来しています。

様々な遺跡のあるアグリジェント地方は、多くの人々が観光に集まる有名な旅行先です。また、周囲の地域も含め、農業の中心地としても機能しています。さらに、町の港はミノア文明から1970年まで、地元で採掘された硫黄やカリウムのを世界中へ輸出していました。

ポルト・エンペードクレからは、フェリーでランペドゥーザ島からリノーザ島を訪れることができます。

ランペドゥーザ島とは

ランペドゥーザ島(Lampedusa)は地中海に浮かぶイタリア領の島で、シチリア島とチュニジアの間に位置しています。同国の最南端の島であるランペドゥーザ島は、実際にイタリア本土よりもチュニジアに近く位置しています。温暖な気候に恵まれたこの島は、海辺でのんびりと過ごしたり、スキューバダイビングをする人々に評判のリゾート地です。また、島はリノーザ島やランピオーネ島と並び、ペラージェ諸島(古代ギリシャ語: 高い海の島)を形成しています。

ランペドゥーザ島の北部と西部は岩がちでアクセスし辛いものの、東部と南部の美しい砂浜は非常に魅力です。また、夏季には、花火、BBQ、音楽のコンサートなど様々なイベントがビーチ付近で開催されます。

ランペドゥーサ島はシチリア島のアグリジェント近郊に位置するポルト・エンペードクレとフェリーで結ばれています。