ナクソス島⇒カリムノス島線

ナクソス島⇒カリムノス島線はキクラデス諸島とドデカネス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはBlue Star Ferriesのみです。

こちらは週2便まで、約5時間10分の所要時間で運航されています。

ナクソス島⇒カリムノス島線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

ナクソス島⇒カリムノス島のフェリー会社

ナクソス島とは

ナクソス島(Naxos)は、エーゲ海に浮かぶギリシャ領キクラデス諸島の島です。島の西沿岸部にはナクソス市(ホラ)と呼ばれる最大の町があり、エーゲ海最大規模の港が位置しています。町は旅行者に人気のため、多数のバー、レストラン、カフェなどが存在します。ナクソス島と繋がった小さなプラティア島は、ナクソス市の象徴として知られています。また、この小さな島にはポルタラ遺跡と呼ばれる神殿のドアが建っています。この場所を観光する場合は、夕暮れ時が最もおすすめです。

また、ナクソス島は郷土料理や、名産のじゃがいも、グラヴィエラチーズ、ワイン、キトロンというリキュールなどでも有名です。地元産の食材を使った美味しい料理を、島全体にある多数のレストランが提供しています。

ナクソス島の港は、本土のピレウス(アテネ近郊)や、キクラデス諸島の他の島々とフェリーで結ばれています。

カリムノス島とは

カリムノス島(Kalymnos)はエーゲ海南東部に浮かぶギリシャ領ドデカネス諸島の島で、コス島とレロス島の間に位置しています。諸島では4番目に大きな島ですが、面積はおよそ100km²と比較的小型です。カリムノス島の名称は時代ごとに変化を重ねました。最初の名前はカリンダ島、次にカリムナ島となり、最後にカリムノス島へ落ち着きました。島の中心地はポシア(Pothia)ですが、ほとんどの住民が第二の町ホラに住んでいます。

カリムノス島はスポンジ採集や、急で岩がちな地勢からロッククライミングが盛んなことで知られています。島内には難度や地勢の異なる1,300以上のクライミングルートが存在します。島の厳しい地勢は住民にとって悩みの種であったものの、近年はアウトドア派や自然の美しさを求める観光客が増えています。

カリムノス島は、ピレウスやロドス島をはじめとしたドデカネス諸島の島々と運航数の多いフェリーで結ばれています。また、キクラデス諸島の島々やサモス島との間にもフェリーは航行しており、夏季にはヒオス島やレスボス島のミティリーニ、本土のテッサロニキへも船で移動することが可能です。